メインメニューを開く

ウィリアム・スティーブン・デブリー

ウィリアム・スティーブン・デブリー(William Stephen Devery, 1854年1月9日 - 1919年6月20日)は、アメリカ合衆国の警察官。ニューヨーク市警察本部長を務めた。なお、職名が監督官(Superintendent)から本部長(Chief)に変更されたのはデブリーの在職中であるため、彼は最後の監督官にして最初の本部長である[1][2]。また、後にフランク・J・ファレル英語版と共に野球チーム、ニューヨーク・ハイランダーズ(ニューヨーク・ヤンキースの前身)の協同オーナーを務めた。

William S. Devery
ウィリアム・S・デブリー
William S. Devery.gif
生誕 1854年1月9日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市イーストサイド・マンハッタン
死没 1919年6月20日(1919-06-20)(65歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ファー・ロッカウェー英語版
職業 ニューヨーク市警察本部長
ニューヨーク・ヤンキースオーナー
子供 Mrs. Edward M. Fink
Mrs. Florence Oliver
Harper's Weekly』紙に掲載されたデブリーの風刺画(1902年9月6日、ウィリアム・アレン・ロジャース英語版画)

目次

経歴編集

1854年、ニューヨーク市のイーストサイド・マンハッタンにて生を受ける。カトリック系アイルランド移民である父パトリック・デブリー(Patrick Devery, 1824年 - 1879年)と母メアリー・ジオハーゲン(Mary Geohagen, 1835年 - 1890年)がもうけた5人の子供の長子であった。少年期には石工であった父の仕事を手伝い、成人後はバワリーにてバーテンダーなどを務めたほか、クラブファイター英語版としても名を知られていた。1876年、自分と同じアイルランド系二世だったアン・マリア・"アニー"・バーンズ(Anne Maria “Annie” Burns)と結婚。その後、婚姻関係は43年間続いた。子供は8人あったが、成人することができたのは娘2人のみだった[3]

ニューヨーク市警編集

1878年、24歳でパトロール巡査(Patrolman)としてニューヨーク市警察に採用される。この際、タマニー財団に200ドルの寄付を行ったと伝えられており、以後は警察官としてのキャリアを通じてタマニー・ホールとの関係を深めていくことになる[3]。1881年9月16日には巡査長(Roundsman)、1884年5月28日には巡査部長(Sergeant)へと昇進した。1891年12月30日、勤続13年を経て警部(Captain)へと昇進。

その後、犯罪多発地区として悪名高いテンダーロインを管区に収めるエルブリッジ通り分署の署長に就任した[3]。当時、デブリーは部下に対して「この管区では汚職が横行していると聞いた。諸君がこれらの汚職に対して最も厳しい態度で対処することを期待する。今こそ止める時だ!もし汚職事案があるならば、私は対処する。任せて欲しい」(They tell me there's a lot of grafting going on in this precinct. They tell me that you fellows are the fiercest ever on graft. Now that's going to stop! If there's any grafting to be done, I'll do it. Leave it to me.)と語っていた[4]

しかし、1897年2月5日、デブリー自身が贈収賄および強要の容疑者として逮捕・起訴され、有罪判決後には免職されている。デブリーはニューヨーク控訴裁判所英語版に対して控訴を行い、その後に処分は取り消され、警察官として職務に復帰した。1898年1月7日には警視(Inspector)、同年2月14日には本部長補(Deputy Chief)に昇進している。そして同年6月30日、本部長に任命された[1][5]

デブリーの汚職疑惑自体は広く知られていたものの、一方で彼の控えめで気さくな性格は多くの警察官や職員に尊敬され、また市民から愛されていた。その中には疑惑の追及者や批判者も含まれ、例えば著名なジャーナリストのリンカーン・ステフェンス英語版はデブリーについて、「恥そのもの。彼が警察本部長を務めることは魚人が水族館長を務める以上に不適切だ」(a disgrace, no more fit to be chief of police than the fish man is to be director of the Aquarium. )と評しつつ、「しかし個人として見れば、彼は芸術品のようで、傑作だ」(But as a character, he [Devery] was a work of art, a masterpiece.)と続けている[3]

1899年、セオドア・ルーズベルトおよび共和党州議会はロバート・マゼット(Robert Mazet)を長とする委員会を設置し、リチャード・クロッカー英語版率いるタマニー・ホールの汚職調査を開始した[1]。1901年、市警察組織の改革が行われ、市警の長たる職位として警察委員長(Police Commissioner)が新設された。初代委員長マイケル・C・マーフィ英語版は、デブリーを委員長補(Deputy Commissioner)に任命した。直後に反タマニー派の裁判官ウィリアム・トラバース・ジェローム英語版がデブリーの汚職疑惑に関して起訴を行ったものの、間もなく無罪判決を勝ち取っている。しかし、その後もロバート・アンダーソン・バン・ウィック英語版市長の失脚などが重なり、デブリーを始めとするタマニー派への風当たりは一層と強くなっていった。

1902年1月1日、反タマニー派だったセス・ロウ英語版の市長就任に伴い、デブリーはマーフィと共に退任した。

退職後編集

その後、デブリーはフランク・J・ファレル英語版と共にバルチモアを拠点とするア・リーグの野球チームを買収し、拠点をニューヨークへ移すと共にハイランダーズ(Highlanders)とチーム名を改めた。ただし、1904年にはリーグ2位につけたものの、ファレル=デブリー時代のハイランダーズは取り立てて目覚ましい記録を残すことはなかった。1915年、デブリーとファレルはジェイコブ・ルパートティリンガースト・ローメデュー・ヒューストン英語版に対し、ハイランダーズを300,000ドルで売却した[6][7][8][9]

1919年6月20日16時15分、ファー・ロッカウェーにて溢血を起こして死去した[5]

脚注編集

  1. ^ a b c The Squad Room”. 2007年6月14日閲覧。
  2. ^ The Last Police Chief”. 2010年3月25日閲覧。 “William Stephen Devery, New York City's last chief of police, was either an "illiterate ruffian" or an amazing, openly corrupt, and utterly likable eccentric. Born in New York City around 1855, Big Bill worked as a Bowery bartender until 1878, when he bribed a Tammany politician to become a policeman.”
  3. ^ a b c d Bill Devery”. SABR. 2017年4月22日閲覧。
  4. ^ The Birth of the NYPD”. 2007年6月14日閲覧。
  5. ^ a b “'Big Bill' Devery Dies of Apoplexy”. New York Times. (1919年6月21日). http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9B05E6D8173AE03ABC4951DFB0668382609EDE 2007年6月14日閲覧. "New York's Picturesque Police Chief of Long Ago Stricken at Far Rockaway. Famed for his philosophy. First "Chief of Police" City Had. Van Wyck Called Him the Best. Later Ran for Mayor. Was Richard Croker's Right-Hand Man. Acquitted of Extortion Charge. Made Deputy Police Commissioner. His Characteristic Reply to Gaynor. His Philosophy of Life. His Remarks on His New Abode. Mourned by Men of the Force. William S. Devery, "Big Bill" Devery, as he was generally known, who was the city's first titular Chief of Police after consolidation, and was called by Mayor Van Wyck "the best New York ever had," who worked his way from patrolman to Chief of the department and for a time served as First Deputy Commissioner, died at 4:15 o'clock ..." 
  6. ^ Owners Registry”. Baseball Guru. 2007年6月18日閲覧。
  7. ^ Yankees Timeline”. Major League Baseball. 2007年6月18日閲覧。 “January 9, 1903: Frank Farrell and Bill Devery purchase the defunct Baltimore franchise of the American League for $18,000 and then move the team to Manhattan.”
  8. ^ Yankees Timeline”. Major League Baseball. 2007年6月18日閲覧。 “January 29, 1915: Col. Jacob Ruppert and Col. Tillinghast L'Hommedieu Huston purchase the Yankees for $1.25 million.”
  9. ^ “Frank J. Farrell, Sportsman, Dies. Suffers a Heart Attack While Recuperating From Bronchitis in Atlantic City”. New York Times. (1926年2月11日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F60914F63A5E1A7A93C3A81789D85F428285F9 2007年6月18日閲覧. "Suffers a Heart Attack While Recuperating From Bronchitis in Atlantic City. ... Devery and Ferrell remained in baseball from 1903 until 1915, when the holdings were sold to Colonel Jacob Ruppert, the present owner, and Colonel T.H. Huston for $460,000." 

外部リンク編集

官職
先代:
ジョン・マカラ(John McCullagh)
監督官(Superintendent of Police)
ニューヨーク市警察本部長英語版
Chief of the New York City Police

1898–1901
次代:
マイケル・C・マーフィ英語版
警察委員長(Police Commissioner)
ビジネス
先代:
バン・ジョンソン
ニューヨーク・ヤンキースのオーナー
1903年 - 1915年
フランク・J・ファレル英語版との協同オーナーとして
次代:
ジェイコブ・ルパートティリンガースト・ローメデュー・ヒューストン英語版