ウィリアム・モリノー

ウィリアム・モリノー(William Molyneux、1656年4月17日 - 1698年10月11日)は、アイルランド科学者弁護士で、政治に関する著述家でもある[1]。モリノーは、モリニュークス、モリヌークス、モリヌーとも[2]

William Molyneux (1656-1698)

人物・業績編集

ダブリンの豊かな新教徒の地主の家に生まれた[3]ダブリン大学トリニティ・カレッジで学び、1685年に王立協会の会員となり[4]、1680年代にダブリン科学協会(Dublin Philosophical Society)を設立した[5]

1692年、英語で初めて出版された光学論、Dioptrica Nova, A treatise of dioptricks in two parts(『新屈折光学』)で、望遠鏡顕微鏡におけるレンズの働きについて記述した。また、イギリス哲学者ロックの『人間悟性論』への応答として、モリヌークス問題を提示したことでも知られる[1][4]

息子のサミュエル・モリノー(Samuel Molyneux、1689年 - 1728年)は、政治家、天文学者となった[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 哲学の歴史〈第6巻〉 et al., p. 168
  2. ^ Weblio辞書-外国人名読み方字典「Molyneux」
  3. ^ 山本正『図説 アイルランドの歴史』河出書房新社、2017年、67頁。ISBN 978-4-309-76253-1
  4. ^ a b "Molyneux; William (1656 - 1698)". Record (英語). The Royal Society. 2011年12月24日閲覧
  5. ^ en:Dublin Philosophical Society
  6. ^ en:Samuel Molyneux

参考文献編集

  • "Molyneux; William (1656 - 1698)". Record (英語). The Royal Society. 2015年8月6日閲覧
  • 『哲学の歴史〈第6巻〉知識・経験・啓蒙―18世紀 人間の科学に向かって』松永澄夫(責任編集)、一ノ瀬正樹(コラム<モリヌークス問題>執筆)、中央公論新社、2007年6月。ISBN 4124035233