ウィリアム・レズリー (第3代ロシズ伯爵)

第3代ロシズ伯爵ウィリアム・レズリー英語: William Leslie, 3rd Earl of Rothes、15世紀 – 1513年9月9日)は、スコットランド貴族。兄ジョージの代に多くの領地を失っており、それを取り戻すことに奔走したが、スコットランド王ジェームズ4世から領地回復を承諾された数週間後、フロドゥンの戦い英語版でジェームズ4世とともに戦死した[1]

生涯編集

マスター・オブ・ロシズのアンドルー・レズリー(Andrew Leslie, Master of Rothes、1440年代 – 1478年1月までに没、初代ロシズ伯爵ジョージ・レズリーの息子)と妻エリザベス(Elizabeth、1508年ごろ没、初代ケイスネス伯爵ウィリアム・シンクレア英語版の娘)の三男として生まれた[1]

兄にあたる第2代ロシズ伯爵ジョージ・レズリーの行動が目に余るため、スコットランド王ジェームズ4世は1506年3月2日に2代伯爵が「それほど高貴で有名な家系」(so noble and famous a house)を荒廃させないよう助言する権利をウィリアムに与えた(実質的には2代伯爵の後継者の継承権を取り上げてウィリアムに与えた[2])。ウィリアムは兄の代に差し押さえられたバリンブライ英語版男爵英語版領を1510年に買い戻すことに成功、1511年8月7日には国王の認可状でイースター・ファイシー(Easter Fithie)の領地を与えられた[1]

1513年2月24日と3月31日に兄が死去すると、ロシズ伯爵位を継承した[2]。同年3月31日、スコットランド王国議会英語版は1510年の男爵領買い戻し協定を批准、6月29日には2代伯爵に科された違法占拠賠償金が国王ジェームズ4世により免除され、7月14日にはジェームズ4世が買い戻し協定を再確認した[1]。しかし、数週間後の9月9日、ロシズ伯爵はジェームズ4世とともにフロドゥンの戦い英語版で戦死した[1]。長男ジョージが爵位を継承した[1]

家族編集

ジャネット・バルフォア(Janet Balfour、1490年ごろまたはそれ以前 – 1520年ごろまたはそれ以降、サー・マイケル・バルフォアの娘)と結婚[3]、3男1女をもうけた[1]

  • ジョージ(1558年11月28日没) - 第4代ロシズ伯爵
  • ジョン(1585年9月6日没) - 1542年7月10日までにユーフェミア・モンクリーフ(Euphemia Moncrieffサー・ジョン・モンクリーフの次女)と結婚、2女をもうけた[1]
  • ジェームズ(1576年10月13日没[1]
  • グリセル(Grisel) - 1529年6月8日、ヘンリー・ウォードロー(Henry Wardlaw、ジョン・ウォードローの息子)と結婚。ウォルター・ヘリオット(Walter Heriot)の未亡人だったとされる[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Paul, James Balfour, Sir, ed. (1910). The Scots Peerage (英語). VII. Edinburgh: David Douglas. pp. 276–281, 284.
  2. ^ a b Penman, Michael A. (7 January 2010) [2004]. "Leslie, George, first earl of Rothes". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/54254 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  3. ^ Thomas, Andrea (23 September 2004). "Leslie, George, fourth earl of Rothes". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/16488 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
スコットランドの爵位
先代:
ジョージ・レズリー
ロシズ伯爵
1513年
次代:
ジョージ・レズリー