ウィーン軍事史博物館

軍事史博物館(ぐんじしはくぶつかん、Heeresgeschichtliches Museum、略称HGM)は、オーストリアの首都ウィーンにある博物館。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 軍事史博物館
Heeresgeschichtliches Museum
Heeresgeschichtliches Museum, Logo.svg
ウィーン軍事史博物館の位置(オーストリア内)
ウィーン軍事史博物館
ウィーン市内
施設情報
愛称 HGM
管理運営 国防スポーツ庁 (オーストリア)英語版
開館 1869年
所在地  オーストリア ウィーン
位置 北緯48度11分3.38秒 東経16度23分20.17秒 / 北緯48.1842722度 東経16.3889361度 / 48.1842722; 16.3889361
外部リンク www.hgm.at
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
博物館の外観
1944年頃

常備軍が創設された三十年戦争以降のオーストリア(ハプスブルク君主国)に関する軍事的な資料が幅広く展示されている。とりわけ、サラエボ事件に関する展示は有名。入場料のほか追加料金を支払えば、展示物の写真撮影が許可される。

概要編集

本来は、1848年革命に衝撃を受けた皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が、市民の蜂起に備えて兵器収蔵庫を主目的として建てたものが起源である。徐々に兵器収納庫としての性格が失われ、現在では軍事史博物館として位置づけられるようになった。

近世から現代に至るまでの様々な資料が展示されている。第一次世界大戦第二次世界大戦で使用された高射砲航空機や、各時代の軍服や軍旗、著名な軍人・君主の肖像画、ナチス併合時代前後の出版物など、展示内容は多岐にわたる。本館では三十年戦争以降、第二次世界大戦までを扱い、以降の現代兵器は別の展示室がある。

展示の中でとりわけ有名なのがサラエボ事件に関するもので、1914年に狙撃された皇位継承者フランツ・フェルディナント大公の乗っていた自動車、彼がその時に着用していた血まみれの衣服、セルビア人狙撃犯プリンツィプが用いた銃などが展示されている。

日本に縁がある展示物として、帝政時代末期の軍人テオドール・エードラー・フォン・レルヒ(通称:レルヒ少佐)のスキー用具がある。

博物館内部編集

主な収蔵品編集

外部リンク編集

座標: 北緯48度11分07秒 東経16度23分15秒 / 北緯48.18528度 東経16.38750度 / 48.18528; 16.38750