ウイジェ州(ウイジェしゅう、ポルトガル語: Província do Uíge)とはアンゴラである。62,500平方キロメートルの面積を擁し、人口は約150万人である。州都はウイジェコーヒーキャッサバ穀物ピーナッツ木綿木材などが主要農産物である。コバルトなどが重要鉱物資源である。

ウイジェ州

Província do Uíge
Uíge in Angola.svg
アンゴラの旗 アンゴラ
州都 ウイジェ
政府
 • 州知事 José Carvalho da Rocha[1]
面積
 • 合計 62,500 km2
人口
(2014年)[2]
 • 合計 1,483,118人
 • 密度 24人/km2
等時帯 UTC+1 (WAT)
ISO 3166コード AO-UIG

ウイジェ州はアンゴラの26年間に及ぶ内戦で最も被害を受けた地域の一つである。住民の大部分は離散し、インフラストラクチャーは深刻な打撃を受けている。

2004年10月初めから2005年にかけて、ウイジェ州はエボラ出血熱に良く似た熱病であるマールブルク熱発生の中心地となった。当時、統制下にあると思われる場所としてはあらゆる種類の出血熱の流行が世界最悪であると評されるほど、衛生状態が悪化していた。

ムニシピオ編集

16のムニシピオに区分される[3]。なおムニシピオの数は州の中では最も多い。

脚注編集

  1. ^ Governadores Provinciais” (ポルトガル語). アンゴラ政府. 2021年6月13日閲覧。
  2. ^ a b Republic of Angola/Provinces”. Citypopulation.de (2020年8月14日). 2021年6月13日閲覧。
  3. ^ Censo 2014”. アンゴラ統計局. 2021年6月14日閲覧。

外部リンク編集