ウォルター・ドーウィン・ティーグ

ウォルター・ドーウィン・ティーグWalter Dorwin Teague1883年12月18日 - 1960年12月5日)は、アメリカ合衆国工業デザイナーである。

一般にはボーイング707を始めとしボーイング747に至るジェット旅客機と、幻の名車と呼ばれるマーモンV16のデザインで知られる。1930年頃からコダックのデザインコンサルタントとなり、多くのカメラデザインを手がけた[1]

主な作品編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『クラシックカメラ倶楽部』P6。