ウォーレン・ヘースティングズ

イギリスの政治家(1732-1818)

ウォーレン・ヘースティングズ(Warren Hastings, 1732年12月6日 - 1818年8月22日)は、英領インドの初代総督。在任中重要な改革を行い、またインドの文学や芸術を愛好した。

ウォーレン・ヘースティングズ

経歴編集

政策編集

ベンガル知事時代、「知識の蓄積、なかんずく、われわれが征服によって支配を行使する人びととの社会的コミュニケーションによって得られる知識は、国にとって有益」という彼の言葉がある。ヘースティングズの政策で注目すべきなのは、現地語重視政策と1772年の司法制度に関する規則である。

外部リンク編集

先代:
創設
ベンガル総督
1773年 - 1785年
次代:
初代准男爵サー・ジョン・マクファーソン