ウバラ・ツツ

シュメールの王

ウバラ・ツツUbara-tutuUbartutu)は、古代メソポタミアシュメールの王。

略歴編集

シッパルのウバラ・ツツはシュメール神話の人物でエン・メン・ドゥル・アナの子。ウバラ・ツツは大洪水前のシュメール王朝以前の最後の王で18,600年統治したとされる。生きて天国に入ったためしばしばエノクと比較される。大洪水が土地を襲うまでシュメールの王であった[1]

シュメール王名表によると大洪水の後、北の都市キシュに再度王権が確立された。

ウバラ・ツツはギルガメシュ叙事詩粘土版11に簡潔に記載されている。来るべき洪水を生き延びるために、エア神(エンキ)から船を作るように指示された人物・ウンナピシュティム英語版の父親であることが確認されている[2]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ ジェームズ・B・プリチャード英語版(ed.), 旧約聖書関連の近東古文英語版 (Princeton, N.J.: Princeton University Press, 1955, 1969). 1950 1st edition at Google Books. p.44: "...a flood [will sweep] over the cult-centers; to destroy the seed of mankind; is the decision, the word of the assembly [of the gods]."
  2. ^ George, Andrew R. (2003). The Epic of Gilgamesh: The Babylonian Epic Poem and Other Texts in Akkadian and Sumerian. Penguin Classics. ISBN 9780241289907. https://archive.org/details/isbn_9780140449198