ウラン=ブルガスィ山脈

ウラン=ブルガスィ山脈(ウラン=ブルガスィさんみゃく、Улан-Бургасы)はロシア連邦ブリヤート共和国セレンガ川からヴィチム高原にかけて南西から北東に向かって伸びる山脈。面積26,000km2強。バイカル盆地の東の縁を形成する[1]

ウラン=ブルガスィ山脈
所在地 ロシア連邦ブリヤート共和国
最高峰 フルハグ山(2049m
延長 200km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

"Улан"はブリヤート語で「赤」を意味する"Улаан"、"бургаса"は「小さな白樺林、茂み」を意味する"бургaahан"に由来する[2]

山脈の平均標高は1400~1800mで最高峰は2049mのフルハグ山(гора Хурхаг)。大部分が森林に覆われる。

脚注編集

  1. ^ Т.Д. Пыхалова. Флора хребта Улан-Бургасы
  2. ^ М.Н. Мельхеев. Географические названия Восточной Сибири