ウリュズメグ(Uryzmæg)は、コーカサス山脈起源のナルト叙事詩に登場する人物。エクセルテグとゼラセの息子として産まれ、ゼラセの死後に精霊によって死姦されたゼラセから産まれたサタナを養育する。その後、サタナと近親婚を行う[1]

参考文献編集

  1. ^ 『神の文化史事典』白水社、2013年、375頁。ISBN 9784560082652