エウテュンテリア

古代神殿の下部構造。1.コーニス、2.壁、3.ステュロバテス、4.ステレオバテス、5.エウテュンテリア、6.クレピドーマ

エウテュンテリア古希: Εὐθυντηρία, Euthynteria)は、建築物の基礎の最上部を表す古代ギリシア語の用語で、一部は地上から現れている。建築物の上部構造(ステュロバテス、柱、壁、およびエンタブラチュア)はエウテュンテリアに基づいて設計された[1]考古学者建築家はこの用語を古典建築英語版の分野に分類している。

脚注編集

  1. ^ Robertson 1929, p.41.

参考文献編集