メインメニューを開く

エドガー・ジョン・ルビン (Edgar John Rubin、1886年9月6日[1] - 1951年5月3日[1]) はデンマークコペンハーゲン出身の心理学者[1][2]ルビンの壺で知られる[3]

略歴・人物編集

1904年から1911年までコペンハーゲン大学哲学心理学を学び[2]ドイツゲッティンゲン大学に留学する[1][2]。その後、図と地に関する古典的実験を行い、1915年に学位を得て、翌年デンマークに帰国し母校の講師となった後に[2]、コペンハーゲン大学教授となる[1]。1915年に図と地に関する研究をデンマーク語で発表したものの、すぐには注目されず、ドイツ語版が出版されてからゲシュタルト心理学に取り入れられ、心理学に大きな影響を与えた[2]

著書編集

  • Visuell wahrgenommene Figuren : Studien in psychologischer Analyse. Gyldendalske boghandel. (1921). NCID BA50524798. 

脚注編集

外部リンク編集