エドヴァルド・ペルセウス

エドヴァルド・ペルセウス(Edvard Perséus、改名前の姓は Persson、1841年12月23日 - 1890年10月7日)はスウェーデンの画家である。肖像画、風景画、風俗画を描いた。絵画教師として、多くのスウェーデンの画家を育てた。

エドヴァルド・ペルセウス
Edvard Perséus
Edvard Perséus - from Svenskt Porträttgalleri XX.png
生誕1841年12月23日
 スウェーデンルンド
死没1890年10月7日
 スウェーデンストックホルム

略歴編集

ルンドで生まれた。早くから画家を志ざし、ルンドの画家ケルナー(Magnus Körner)に学び、ルンドで画家として働いたが、本格的な美術教育を受けるために1861年にストックホルムに出て、スウェーデン王立美術院でボクルンド(Johan Christoffer Boklund)に学んだ。1867年にデュッセルドルフに留学し[1]、その後ミュンヘンに移り、カール・フォン・ピロティのスタジオで働いた[2]

奨学金を得て、1872年から1874年の間、イタリアやパリで修行した後、デュッセルドルフにしばらく戻り、1875年にスウェーデンに帰国し、その後はストックホルムに住み個人美術学校を作って教えた。1879年から1889年の間はスウェーデン王立美術院でも教えた。1882年に、スウェーデン国立美術館などのスウェーデン王オスカル2世の美術コレクションの責任者に任じられた。

作品編集

教えた学生たち編集

脚注編集

  1. ^ Bettina Baumgärtel, Sabine Schroyen, Lydia Immerheiser, Sabine Teichgröb: Verzeichnis der ausländischen Künstler und Künstlerinnen. Nationalität, Aufenthalt und Studium in Düsseldorf. In: Bettina Baumgärtel (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung 1819–1918. Michael Imhof Verlag, Petersberg 2011, ISBN 978-3-86568-702-9, Band 1, S. 437
  2. ^ Georg Nordensvan: Schwedische Kunst des 19. Jahrhunderts. E.A. Seemann, Leipzig 1904, S. 65 (Google Books)

参考文献編集

  • Perséus, Edvard. In: Herman Hofberg, Frithiof Heurlin, Viktor Millqvist, Olof Rubenson (Hrsg.): Svenskt biografiskt handlexikon. 2. Auflage. Band 2: L–Z, samt Supplement. Albert Bonniers Verlag, Stockholm 1906, S. 276 (schwedisch, runeberg.org).
  • Perseus, Edvard. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 26: Olivier–Pieris. E. A. Seemann, Leipzig 1932, S. 445.