エリーザベト・フォン・バイエルン (1329-1402)

エリーザベト・フォン・バイエルン(ドイツ語:Elisabeth von Bayern, 1329年 - 1402年8月2日)は、神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世の娘。

エリーザベト・フォン・バイエルン
Elisabeth von Bayern

出生 1329年
死去 1402年8月2日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Wuerttemberg Banner.svg ヴュルテンベルク伯領、シュトゥットガルト
配偶者 ヴェローナ行政長官カングランデ2世
  ヴュルテンベルク伯継ウルリヒ
子女 エーバーハルト3世
家名 ヴィッテルスバッハ家
父親 神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世
母親 エノー・ホラント女伯マルガレーテ
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

エリーザベトは神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世とエノー・ホラント女伯マルガレーテの間の娘である。

1350年11月22日、エリーザベトはカングランデ2世・デッァ・スカラと結婚した。カングランデ2世は1352年9月13日に伯父アルベルト2世が死去した後、ヴェローナ行政長官となっていた。カングランデ2世は1359年12月14日に弟カンシニョーリオに暗殺された。この結婚で子供はいなかった。

1362年、エリーザベトはウルリヒ・フォン・ヴュルテンベルクと結婚した。ウルリヒはヴュルテンベルク伯エーバーハルト2世の嗣子であった。この結婚で、後にヴュルテンベルク伯位を継承するエーバーハルト3世が生まれた。ウルリヒは1388年8月23日にデフィンゲンの戦いにおいて戦死し、伯位は継承しなかった。

参考文献編集

  • Markus Müller: Elisabeth von Bayern. In: Sönke Lorenz, Dieter Mertens, Volker Press (Hrsg.): Das Haus Württemberg. Ein biographisches Lexikon. Kohlhammer, Stuttgart 1997, ISBN 3-17-013605-4, p. 39
  • Gerhard Raff: Hie gut Wirtemberg allewege. Band 1: Das Haus Württemberg von Graf Ulrich dem Stifter bis Herzog Ludwig. 6. Auflage. Landhege, Schwaigern 2014, ISBN 978-3-943066-34-0, pp. 189–192.