メインメニューを開く

エリーザー・アルビン(Eleazar Albin 、fl. 1690年 – 1742年頃)[1]はイギリスの博物学者、博物画家、水彩画家である。『イギリスの昆虫の自然史』(A Natural History of English Insects:1720年)、『鳥の自然史』(A Natural History of Birds : 1731年–1738年)、『クモや珍しい昆虫の自然史 (Natural History of Spiders and other Curious Insects:1736)などの著者である。「18世紀の偉大な昆虫学書の博物画家の一人」とされている[1]

概要編集

 
"Albin's Macaw"
ジャマイカのオウム、1740年のアルビンの絵
 
Privet Hawk Moths and Callajoppa Exaltatoria (1720)

生涯については、ほとんど知られていない。たぶんドイツ生まれで、1701年にジャマイカに住んでいたとされ、1708年には結婚して、ロンドンピカデリーに住んでいた。『イギリスの昆虫の自然史』の著者紹介(autobiographical details)によれば、水彩画を教えていたがその後、絹織物商人でアマチュア博物学者のジョゼフ・ダンドリッジ(Joseph Dandridge)に博物学を学んだとされる。

『鳥の自然史』はアルビンの版画にアルビンと娘のエリザベス(Elizabeth Albin)が彩色した。この書でアルビンは「すべての図版は、生物を見て、描き彩色するように教えた娘か自分が、生物を見て、できるだけ正確に描き、彩色した」と書いた[2][3]

『鳥の自然史』に掲載されたホオアカトキの図版はおそらく、ホオアカトキがヨーロッパで絶滅する前に描かれた最後のものである[4]

著作編集

参考文献編集

  1. ^ a b Michael A. Salmon, Peter Marren, Basil Harley. The Aurelian Legacy (University of California Press, 2000) pp. 109-110.
  2. ^ Illustrated by women”. University of Glasgow Special Collections. University of Glasgow. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月3日閲覧。
  3. ^ Last records of Northern Bald Ibis in Europe
  4. ^ Last records of Northern Bald Ibis in Europe