メインメニューを開く

エルネスト・マルセル(Ernesto Marcel、 1948年5月23日 - )は、パナマ出身の元プロボクサー。元WBA世界フェザー級チャンピオン。圧倒的なスピードと、華麗なボクシング・テクニックで王座4度防衛に成功した。アルフレド・マルカノアントニオ・ゴメスサムエル・セラノと言った強豪を片っ端に撃破し、その盤石の強さから長期政権も期待されたが、チャンピオンのまま現役を引退した。フェザー級の中でも有数の名チャンピオンで、最後の防衛戦では後にニカラグアの英雄となる若き日のアレクシス・アルゲリョを破ったことで知られる。

経歴編集

長身、スピーディな試合巧者で、1971年11月11日、愛媛県松山市の愛媛県立ラグビー場特設リングで時のWBC世界フェザー級チャンピオン柴田国明に挑戦、柴田の強打を巧みに封じたが、引分けで涙を呑む。

しかし西城正三から王座を奪ったアントニオ・ゴメスに、1972年に挑戦し、判定勝ちしてWBA世界フェザー級王者となる。

前王者ゴメスや日本の根本重光らを相手にタイトルを4度防衛した後、チャンピオンのまま引退。これは母の希望に従ったものだという。最後の防衛戦で後の名王者アレクシス・アルゲリョを判定に退けた試合が光る。

通算戦績編集

  • 47戦41勝(24KO)4敗2引分け

関連項目編集

前王者
アントニオ・ゴメス
WBA世界フェザー級王者

1972年8月19日 - 1974年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ルーベン・オリバレス