エヴィン・ファン・ディショック

エヴィン・ファン・ディショック(Ewine van Dishoeck, 1955年6月13日- )は、オランダ天文学者(天体化学)。専門は星間物質の研究。

エヴィン・ファン・ディショック

ライデン出身。1984年にライデン大学からPh.D.を取得後、ハーバード大学プリンストン高等研究所で博士研究員となり、1987年にプリンストン大学客員教授、1988年にカリフォルニア工科大学助教授となる。1995年からライデン大学教授。2007年以降はマックス・プランク地球外物理学研究所にも所属。2018年から2021年まで国際天文学連合会長を務めた。

受賞歴編集

参照編集