オイゲン・ブラヒト

オイゲン・ブラヒト(Eugen Felix Prosper Bracht、1842年6月3日 - 1921年11月15日)はスイス生まれのドイツの画家である。

オイゲン・ブラヒト
Eugen Bracht
EugenBracht Wiki Fotowerkstatt.jpg
生誕1842年6月3日
スイス、モルジュ
死没1921年11月15日
ドイツ、ダルムシュタット
運動・動向ロマン主義、象徴主義

略歴編集

スイス、レマン湖畔のヴォー州モルジュにドイツ人の両親のもとに生まれた。8歳の時両親とドイツのダルムシュタットに移った。1959年から、カールスルーエの美術学校で、ヨハン・ヴィルヘルム・シルマーらに学び1960年の夏は、学生仲間のエミール・ルーゴやハンス・トーマバーデン=ヴュルテンベルク州の山地シュヴァルツヴァルトで写生して過ごした。

1861年にデュセルドルフに移り、風景画家のハンス・ギューデに学ぶが、一旦画家をめざすのを止め、1864年にベルリンに移り商売を始め1870年に自分で事業を始めるがるが,商売はうまくゆかなかった。

1876年にハンス・ギューデのもとに戻り、風景画家としてバルト海ニーダーザクセン州の荒地、リューネブルガーハイデの風景を描き画家として評価された。1880年から1881年にかけて、シルム(Carl Coven Schirm)やメッケル(Adolf Meckel von Hemsbach)とともにエジプトパレスチナシリアを旅し、多くの風景画を描いた。

1882年にベルリン芸術アカデミーの風景画の教授になり、1901年から1919年の間はドレスデンの美術アカデミーで教えた。

中東の風物を描く「オリエンタリズム」の絵画の他、象徴的なスタイルの風景画や、工場を描いた作品もある。

作品編集

参考文献編集

  • " Publications de et sur Eugen Bracht " Bibliothèque nationale allemande (DNB).