メインメニューを開く

オキサムニキン(Oxamniquine)は商標名のバンシル(Vansil)で販売されているマンソン住血吸虫による住血吸虫症の治療に用いられる医薬品である[1]。しかし、オキサムニキンよりプラジカンテルの方が優先的に治療に用いられる[2]

オキサムニキン
(RS)-Oxamniquin Structural Formula V1.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Vansil
Drugs.com Micromedex Detailed Consumer Information
胎児危険度分類
  • US: C (unclear if it is safe for the unborn baby)
法的規制
  • US: Not commercially available
投与方法 by mouth
薬物動態データ
生物学的利用能 Readily absorbed when taken by mouth
代謝 liver
半減期 1 to 2.5h
排泄 mainly in urine
識別
CAS番号
21738-42-1 チェック
ATCコード P02BA02 (WHO) QP52AA02 (WHO)
PubChem CID: 4612
DrugBank DB01096 チェック
ChemSpider 4451 チェック
UNII 0O977R722D チェック
KEGG D00460  チェック
ChEBI CHEBI:7819 ×
ChEMBL CHEMBL847 チェック
PDB ligand ID OAQ (PDBe, RCSB PDB)
化学的データ
化学式 C14H21N3O3
分子量 279.3
テンプレートを表示

よく診られる副作用は眠気、頭痛、吐き気、下痢、赤色の尿があげられる[1]。一般的に妊娠中の服用は勧められない[1]発作を引き起こすことがあるため、てんかん患者には注意が必要である[1]。オキサムニキンの作用は寄生虫を麻痺させることで駆虫効果がある[3]。オキサムニキンは駆虫薬に分類される医薬品である[4]

オキサムニキンが最初に医薬品として用いられたのは1972年である[5]世界保健機関の必須医薬品リストに掲載されており、最も効果的で安全な医療制度に必要とされる医薬品でる[6]。アメリカでは一般販売されていない[4]。プラジカンテルより値段が高い[7]

出典編集

  1. ^ a b c d WHO Model Formulary 2008. World Health Organization. (2009). p. 94. ISBN 9789241547659. オリジナルの13 December 2016時点によるアーカイブ。. http://apps.who.int/medicinedocs/documents/s16879e/s16879e.pdf 2016年12月8日閲覧。. 
  2. ^ Griffiths, Jeffrey; Maguire, James H.; Heggenhougen, Kristian; Quah, Stella R. (2010) (英語). Public Health and Infectious Diseases. Elsevier. p. 351. ISBN 9780123815071. オリジナルの2016-12-20時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=bjcycxFpqEwC&pg=PA351. 
  3. ^ Cohen, Jonathan; Powderly, William G.; Opal, Steven M. (2016) (英語). Infectious Diseases (4 ed.). Elsevier Health Sciences. p. 1371. ISBN 9780702063381. オリジナルの2016-12-20時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=Dhq3DAAAQBAJ&pg=PA1371. 
  4. ^ a b Oxamniquine medical facts from Drugs.com”. www.drugs.com. 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  5. ^ Jordan, Peter (1985) (英語). Schistosomiasis: The St Lucia Project. CUP Archive. p. 298. ISBN 9780521303125. オリジナルの2017-09-10時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=XgE9AAAAIAAJ&pg=PA298. 
  6. ^ WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  7. ^ International Strategies for Tropical Disease Treatments - Experiences with Praziquantel - EDM Research Series No. 026: Chapter 2: Bayer & E. Merck: Discovery and development of praziquantel*: Competing drugs for schistosomiasis treatment”. apps.who.int. 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。