オクティヴィア・E・バトラー・ランディング

オクティヴィア・E・バトラー・ランディング英語: Octavia E. Butler Landing)は、2021年2月18日、火星ジェゼロクレーター内のマーズ2020キュリオシティローバーの着陸地点。2021年3月5日、NASA は、2006年2月24日に亡くなったアメリカで有名なSF作家オクティヴィア・E・バトラーの名前をサイトに付けた[1][2]。火星の着陸地点の座標は、北緯18度26分 東経77度27分 / 北緯18.44度 東経77.45度 / 18.44; 77.45座標: 北緯18度26分 東経77度27分 / 北緯18.44度 東経77.45度 / 18.44; 77.45[3]

火星のパーサヴィアランスローバーは、ジェゼロクレーターのオクティヴィア・E・バトラー着陸地点に着陸した

解説編集

 
本に署名する作家のオクティヴィア・E・バトラー(2005年)

ジェゼロクレーターは、マーズ2020ミッションの一環として、パーサヴィアランスローバーインジェニュイティヘリコプターの2021年の着陸地点として選ばれた。かつて水が氾濫したと考えられていたクレーターには、粘土が豊富なファンデルタ堆積物が含まれている[4]。クレーターの湖は、火星に谷のネットワークが形成されていたときに存在していた。デルタがあることに加えて、火口はポイントバーと反転したチャネルを示している。デルタと水路の研究から、火口内の湖はおそらく継続的な表面流出があった期間中に形成されたと結論付けられた[5]。湖は長命だったと信じられているので、クレーターで生命が発達したのかも知れません。デルタが形成されるまでに100万年から1000万年の期間が必要だった可能性がある[6]

オクティヴィア・E・バトラー編集

オクティヴィア・E・バトラー (1947年6月22日– 2006年2月24日)は、1976年から1998年の間に数多くの小説シリーズを出版したアフリカ系アメリカ人のSF作家。ヒューゴー賞ネビュラ賞の両方を複数回受賞した彼女は、1995年にマッカーサーフェローシップを受賞した最初のSF作家になった[7][8]

バトラーは、独立した小説、短編小説、エッセイとスピーチを発表した。彼女は、パーサヴィアランスローバープロジェクトを管理するNASAのジェット推進研究所のあるカリフォルニア州パサデナで生まれ育っている。

Octavia E. Butler Landing
ジェゼロクレーターの標高図
パーサヴィアランスローバー着陸地点
パーサヴィアランスローバーから見たオクティヴィア・E・バトラー着陸地点
 
インジェニュイティヘリコプターは、空中5.0mから約85m離れたパーサヴィアランスローバー(左)を表示する。(2021年4月25日)
en:Acheron Fossaeアキダリア平原アルバ・パテラアマゾニス平原en:Aonia Planitiaen:Arabia Terraアルカディア平原en:Argentea Planumen:Argyre Planitiaen:Chryse Planitiaen:Claritas Fossae火星の人面岩en:Daedalia Planumエリシウム山エリシウム平原ゲールクレーターen:Hadriaca Pateraen:Hellas Montesヘラス平原en:Hesperia PlanumHolden crateren:Icaria Planumen:Isidis PlanitiaジェゼロクレーターLomonosov crateren:Lucus Planumen:Lycus SulciLyot crateren:Lunae PlanumMalea PlanumMaraldi crateren:Mareotis FossaeMareotis Tempeen:Margaritifer TerraMie craterMilankovič crateren:Nepenthes Mensaeen:Nereidum Montesen:Nilosyrtis Mensaeen:Noachis Terraen:Olympica Fossaeオリンポス山アウストラレ高原en:Promethei Terraen:Protonilus Mensaeen:SirenumSisyphi Planumen:Solis Planumen:Syria Planumen:Tantalus Fossaeen:Tempe Terraen:Terra Cimmeriaen:Terra Sabaeaen:Terra Sirenumタルシス三山en:Tractus Catenaen:Tyrrhen Terraユリシーズ・トーラスen:Uranius Pateraユートピア平原マリネリス峡谷en:Vastitas Borealisen:Xanthe Terra 
 火星(記念碑の場所)の世界的な地形のインタラクティブな画像地図。画像の上にマウスを置くと、60を超える著名な地理的特徴の名前が表示され、クリックするとリンクする。ベースマップの色は、NASAのマーズグローバルサーベイヤーのマーズオービターレーザー高度計からのデータに基づいて、相対的な標高を示す。白色と茶色は最も標高が高い。(+12 to +8 km); ピンクと赤が続く。(+8 to +3 km)。黄色は0 km。緑と青は標高が低い(down to −8 km)。軸は緯度と経度。極域が注目される
(   名称  堆積物  ロスト )

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ NASA's Perseverance Drives on Mars Terrain for First Time”. NASA (2021年3月5日). 2021年3月5日閲覧。   この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  2. ^ “Welcome to "Octavia E. Butler Landing"”. NASA. (2021年3月5日). https://mars.nasa.gov/resources/25701/welcome-to-octavia-e-butler-landing/ 2021年3月5日閲覧。    この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  3. ^ Mars Lander Missions”. NASA Goddard Institute for Space Studies. 2021年10月26日閲覧。
  4. ^ Muir. “Prime landing sites chosen for biggest Martian rover”. New Scientist. 2018年11月20日閲覧。
  5. ^ Goudge, T. (2017). “Stratigraphy and Evolution of Delta Channel Deposits, Jezero Crater Mars.”. Lunar and Planetary Science Conference (2017). 1195.pdf. https://www.hou.usra.edu/meetings/lpsc2017/pdf/1195.pdf 
  6. ^ Schon, S.; Head, J.; Fassett, C. (2012). “An overfilled lacustrine system and progradational delta in Jezero crater, Mars: Implications for Noachian climate”. Planetary and Space Science 67 (1): 28–45. Bibcode2012P&SS...67...28S. doi:10.1016/j.pss.2012.02.003. 
  7. ^ Crossley, Robert "Critical Essay" In Kindred, by Octavia Butler Boston: Beacon, 2004 ISBN 0807083690 (10) ISBN 978-0807083697 (13)
  8. ^ Octavia Butler”. MacArthur Foundation Fellows. 2015年10月9日閲覧。

外部リンク編集