オシコーン(Ossicones)はキリン科[1]である。でおおわれており、生え変わりはしない。この点で枝角とも洞角とも異なる。

キリンのオシコーン
オカピのオシコーン
絶滅動物のオシコーン

構造編集

オシコーンは、外面を覆う皮膚と骨の芯で構成される[2]。出生当初は頭蓋骨に付着していないが、性的成熟時に頭蓋骨に融合する[2]。キリン科では、オスとメスとも、頭蓋骨の頭頂骨に一対のオシコーンを持っているが、オスは通常、前頭骨の中央にさらに1本のオシコーンがある[3]キリンではその他にも後頭骨、目の上などにもオシコーンが生じ得る[3]

機能編集

オスは繁殖の際の闘争に用いる。そのため、オスはメスより大きく、厚いオシコーンを持つ[4]。オシコーンは動物の頭に重さを加えるため、相手により大きな致命的な打撃を与えることを可能にしている。

脚注編集

  1. ^ 現生ではキリンオカピの2種
  2. ^ a b Ganey, Tim; Ogden, John; Olsen, John (1990). “Development of the giraffe horn and its blood supply” (英語). The Anatomical Record 227 (4): 497–507. doi:10.1002/ar.1092270413. ISSN 1097-0185. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/ar.1092270413. 
  3. ^ a b Spinage, C. A. (1968). “Horns and Other Bony Structures of the Skull of the Giraffe, and Their Functional Significance” (英語). African Journal of Ecology 6 (1): 53–61. doi:10.1111/j.1365-2028.1968.tb00900.x. ISSN 1365-2028. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1365-2028.1968.tb00900.x. 
  4. ^ Geist, Valerius (1966). “The Evolution of Horn-Like Organs”. Behaviour 27 (1): 175–214. doi:10.1163/156853966x00155. 

関連項目編集