オットー朝ルネサンス

オットー朝ルネサンス(オットーちょうルネサンス)は神聖ローマ皇帝オットー1世(936-973)、オットー2世(973 – 983)、オットー3世 (983 – 1002)の治世に中央ヨーロッパ南ヨーロッパでおきたビザンチン芸術後期アンティーク芸術の復興運動である。この運動は、主に彼らの後援に依存していた。この運動の主要人物は、教皇シルウェステル2世とフリュリのアッボであった [1]

ゼンクシュメルツの技法を用いたエナメルの十字架Senkschmelzen-Kreuz )、元エッセン女子修道院所蔵、1000年ごろ

オットー朝ルネサンスの主要人物編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Pierre Riché et Jacques Verger, Des nains sur des épaules de géants. Maîtres et élèves au Moyen Âge, Paris, Tallandier, 2006, Chapter IV, "The Third Carolingian Renaissance", p. 59 sqq

参考文献編集