メインメニューを開く

オポジット: opposite)は、バレーボールのポジション名称の一つ。極めて攻撃力の高い選手を配置する場合は スーパーエースとも呼ばれる。やや守備的位置づけの補助アタッカーに対しては、ユニバーサルもしくはユーティリティープレイヤーと呼ばれる場合がある[1][2]OPと略表記されるほか、OS(Opposite Spiker)と書かれることもある[3]

概要編集

セッターの対角に配置されるポジション(オポジット)[4]は、リベロ採用以前の時代においては、状況に応じてセッターの代わりにトスアップを行うサブセッターないしは補助アタッカーとしての位置づけが強かったが、近年におけるオポジットにはサーブレシーブなどの守備は免除される攻撃型の選手が配置されることが多い。前衛・後衛を問わず、常時攻撃に参加することが求められ、バックアタックの能力も求められる。そのため、高いジャンプ力と、強烈なスパイクを繰り出すパワー、さらにはスタミナが要求される。 一般に前衛でレフト側のポジションをとる2名のアウトサイドヒッターとの位置関係から、ライト側に回って攻撃する機会が多くなるため、山本隆弘清水邦広西田有志のように左利きの選手が起用されることが多いが、右利きであっても中垣内祐一に代表されるようにチームで一番打数が多く、信頼の厚いスパイカーがスーパーエースとしてこのポジションに置かれることもある[5]

また、オポジットの選手が、やや守備的性格のスパイカーである場合は、あえてオポジットの呼称は用いずに、単にアウトサイドヒッターユニバーサル(ユーティリティープレーヤー)と呼ばれる場合もある。しかしながらこれら呼称の区別は必ずしも明確でなく、サーブレシーブ(サーブカット/レセプション)に参加させるかどうかといった役割分担も含めて、個々のチームによって様々である。女子チームにおいては現代においても攻撃的なオポジットを置かず、守備力の高いユニバーサル的選手を配置するケースは多い。

ギャラリー編集

脚注編集

外部リンク編集

関連項目編集