オルパは、旧約聖書ルツ記」の登場人物の女性。「首」という意味のヘブライ語が由来であり、「強情」であるというニュアンスを含む。

生涯編集

「ルツ記」の記述によると、オルパはエリメレクナオミの息子キルヨンと結婚したモアブの女で、ルツの義妹である。オルパとルツはユダのベツレヘムから移住してきた[1]

オルパとルツはユダのベツレヘムから移住してきたヘブル人と結婚した。彼女たちの夫が死んだ後に、2人は姑のナオミにベツレヘムに実家に帰るように2度勧めた。一度は、2人ともナオミの申し出を断り留まろうとしたが、2度目にオルパは折れて実家に帰り、ナオミだけが残った[2]。オルパは実家に戻り、モアブの神ケモシュを礼拝する生活に戻った。

脚注編集

  1. ^ ルツ記1章4節
  2. ^ ルツ記1章4節-14節

 

参考文献編集

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年