オロナ島は、キリバス赤道付近の太平洋上に位置するフェニックス諸島を構成する島である。ただし、厳密には1つの島からできているわけではなく、所々に切れ目が存在する環礁である。かつてはハル島英語、Hull Island)とも呼ばれた。

地理編集

オロナ島は赤道よりもわずかに南側に位置する南半球の島であり、この場所はキリバスに属している。この島は環礁であり、非常に幅の狭い陸が、小さな海域を囲むという形状をしている[1][注釈 1]。 陸地部分の幅は、だいたい数百 m程度で、それが短軸約3 km弱、長軸約6 km程度のラグーンを囲んでいる。なお、ラグーンの水深は、だいたい15 mから18 m程と浅い[1]。 ラグーンを囲む陸地には、所々に切れ目が存在しているため、外海とラグーンとの間には直接海水の流通が起こる。この外海とラグーンとがつながっている陸地の切れ目の部分の水深はさらに浅く、一番深い場所でも水深1 m強程度である。しかも、嵐がやってくれば、陸地を構成する砂礫が移動するなどして、切れ目の位置や数は変化し得る。例えば、1924年3月にはラグーンの北側に存在する陸地の切れ目は17 本しか存在していなかったのに、2012年現在は同じラグーン北側の陸地に20 本存在している[1]。 なお、この他にも陸地の切れ目はあって、例えば、2012年現在、ラグーン南側の陸地には切れ目が4本存在する。このような環礁の陸地部分は、その全体がサンゴ礁に囲まれている[1]。 環礁の陸地部分を囲むサンゴ礁のことを裾礁と言うのだが、オロナ島の裾礁は、干潮になると一部が海面上に姿を現す[1]。 2012年現在、ハル島には港が存在しないものの、荒天でなければ船を接近させて停泊し、そこから上陸を試みることは可能である[1]

植生編集

オロナ島の陸地部分には、数種の植物が見られる。例えば、ヤシ科ココヤシや、オシロイバナ科ウドノキ属に属する植物などである[1]

動物相編集

オロナ島の周囲に存在する裾礁や、オロナ島のラグーンには様々な魚類が生息している。他に、ヤドカリのような甲殻類も見られる。また、陸上にはナンヨウネズミのような小型の哺乳類の他に、トカゲ[注釈 2]のような爬虫類、他に約50 種類の昆虫も生息している。さらに、オロナ島では海鳥渡り鳥の姿が見られることもある[1]

ヒトとの関わり編集

2015年現在、オロナ島は、フェニックス諸島を構成する他の多くの島々と同様に定住している者はいない。しかし、人跡未踏の地ではなく、ラグーンの北側に存在する陸地には、大昔のポリネシア人の墓が存在する[1]。 19世紀中頃には、アメリカ合衆国探検遠征隊を率いて南洋探検を行ったチャールズ・ウィルクス(Charles Wilkes)らが到来し、チャールズによってこの島はハル島(英語、Hull Island)と命名された[1]。 この「ハル」というのは、アメリカ海軍の軍人であったアイザック・ハル(Isaac Hull)の姓を取ったものである[1]。 19世紀も終わりに近づいた1889年7月11日に、このハル島はイギリスが領有することになった[1]。 その後、キリバスがイギリスから独立したため、2015年現在において、ここはキリバスが領有している。なお、島名も「ハル島」ではなく、キリバスの言葉で「オロナ島」と呼ばれている。

注釈編集

  1. ^ 環礁に囲まれた狭い海域のこともラグーン(英語、lagoon)と呼ぶ。同様に英語では「ラグーン」と呼ばれる潟湖とは別物である。
  2. ^ オロナ島には3種類のトカゲの生息が確認されている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l HULL ISLAND (Phoenix Group)