本来の表記は「蒯良」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

蒯 良(かい りょう、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の政治家。子柔荊州南郡中廬侯国の人。同郷同姓の蒯越とは一族の可能性が高いが、関係は不明である。子は蒯鈞。

蒯良
後漢
吏部尚書
出生 生年不詳
荊州南郡中廬侯国
拼音 Kuǎi Liáng
子柔
主君 劉表劉琮曹操
テンプレートを表示

正史の事跡編集

劉表が荊州刺史として赴任した際、蒯越・蔡瑁と共に招かれ、服従しない豪族への対処法について相談された。これに蒯良が「仁愛と信義をもって人民を労わるように」と進言したが、一方の蒯越は「利で誘った上で無道の者を誅し、残りは安撫すべき」と進言した。劉表は蒯良の進言を「(仁義を尊んだの)雍季の議論と同じである」と評価したが、最終的には蒯越の進言の方を採り、荊州を統一した。

世説新語』の注に引く『晋陽秋』によると、蒯良はその後(恐らく曹操に仕え)吏部尚書にまでなった。

物語中の蒯良編集

小説『三国志演義』では延平の出身で、蒯越の兄となっている。正史の穏健な性格から一変し、孫堅を討ち取る策を示すなど、軍事面において優れた才能を持っていることになっている。また、孫堅の遺骸を孫策に返すことを止め、この機に孫氏を滅ぼすよう進言するなど、容赦の無い人物として描かれている。

参考文献編集