カウエ県(カウエけん、 ポルトガル語: Distrito de Caué)は、サントメ・プリンシペサントメ州を構成する県の一つである[1]。県都はサン・ジョアン・ドス・アンゴラレスである[1]サントメ島の南部及び、サントメ島南側、赤道直下にあたるロラス島などの小島嶼にあたる。陸地総面積267平方キロメートルのうち多くの部分が熱帯雨林に覆われており、多くの部分が未開発地域であるため、自動車の入れる部分は僅かである。耕作は谷あいの僅かな土地で行われている。

カウエ県
Distrito de Caué
Equator Sao Tome.jpg
ロラス島の赤道モニュメント。
位置
São Tomé and Príncipe - Caué.svg
サントメ・プリンシペにおけるカウエ県。
所属
: サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ
: サントメ州
統計
県都: サン・ジョアン・ドス・アンゴラレス
面積: 267 km²
人口(2001年)
 • 人口密度:
5,900人
 • 22.1人/km²
等時帯: UTC+0
ISO 3166-2: ST-03
テンプレートを表示

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Districts_of_São_Tomé_and_Príncipe-Statoids(英語)、2012年2月5日閲覧。

関連項目編集