メインメニューを開く

カケルは、ソニー・コンピュータエンタテインメントアクションゲームサルゲッチュ』シリーズに登場する架空の人物。英語名はSpike。

目次

概要編集

ハカセの研究所に遊びに行く小学4年生。ハカセやナツミとは昔からの知り合い。ほとんどの作品において登場するキャラクターで、初代『サルゲッチュ』『ピポサル2001』『サルバト~レ』『ミリオンモンキーズ』『サルサル大作戦』では主人公を務める。スペクターの超能力に打ち勝つことができる。『サルバト~レ』では(自己アピールのため)サンバイザーを被っている。

『ミリオンモンキーズ』では洋服のデザインが異なり、ゴーグルを付けている。 なお、サルゲッチュオンエアー19話で分かる限りアニメでは数学のテストが7点だったりと数学は苦手。

必殺技編集

ガチャメカスタジアム・サルバト~レ、ミリオンモンキーズでは必殺技を持つ。どれもメカボーを使った技。

クラッシュハリケーン
回転斬りをしながら上昇し、連続ダメージを与える。ミリオンモンキーズでは下降時も回転し、ダメージを与える。比較的範囲が広く、その範囲の中に入ってしまうと抜け出すことはほぼ不可能。
ソニックレボリューション
回転斬りを長時間繰り出す必殺技。全てヒットさせるとディメンションブレイクをも凌ぐ威力だが、攻撃を受けていない相手からすると格好の的となる。
ディメンションブレイク
巨大化したメカボーを地面にたたきつけ、その衝撃波で相手を攻撃する。打撃とその後の残り火(衝撃波)が二段ヒットすると、カケルの必殺技中最高位の威力となる。
サンダークラック
電気を纏ったメカボーを振り下ろし、電流で相手を攻撃する。電流はカケルが向いていた方向に向かって走っていく。打撃と電流で二段ヒットさせることができる。

活躍編集

ゲーム編集

  • 『サルゲッチュ』では、親友のヒロキと一緒にハカセが開発しているタイムマシンを見せてもらいに研究所へと遊びに行ったが、スペクターがタイムマシンを起動させて、ヒロキとサル達と共一緒に過去へ飛ばされる。ハカセが開発したガチャメカを2つ持っていたカケルは、元の時代に戻るついでにサルを捕まえてほしいとハカセから頼まれた。
  • 『ピポサル2001』では、モンキーパークのオーナーから、サル達が履いているパンツは不衛生だから全部回収して洗濯してくれといった電話で、サルたちはいくつかの管理された部屋に分けてあるが、直後にコンピュータが暴走し、2001匹のサルがバーチャルスペース内の色々な所に解き放たれてしまった。そこでカケルにこの件を引き受けてもらうが、数の多さに嫌がるカケルも引き受けて、今回はガチャメカが整備中で使えない為、ハカセからもらったパンツ回収用ガチャメカ『ヌゲッチャー』を携え、バーチャルスペースへ行った。スペクターの妨害もあり、2001匹のサルのパンツを回収。その後、ナツミ指揮の元、カケルはハカセやスペクター達と共にパンツの洗濯に励むのだった。
  • 『2』では、2度目のエンディングに登場する。ヒカルがスペクターをゲッチュして月から帰ってくる日にハカセの研究所にやってくる。その後、カケルで2のステージをプレイすることが出来るようになる(ただし、特殊なイベントなどは一切起こらない)。
  • ガチャメカスタジアム サルバト〜レ』では、ハカセが、バーチャルワールドへ行くことの出来る転送装置の開発に成功したし、カケルはその起動テストもかねて近々バーチャルワールドで開催されるガチャメカを使う技を様々な形で競い合う大会『第二回ハイテクオリンピア』へ、一緒に出場しないかとハカセやナツミに誘われて参加する。
  • 『ミリオンモンキーズ』では、カケルは新たに完成したカリノシティを見学に来るが、突如上空から空中戦艦が現れ、人々を襲う。そこでカケルたちはピポサルゲッチュに励むことを決意する。
  • 『3』ではピポサルたちが制作した番組を見て、ハカセ達と共にナマケモノになってしまう。ミニゲームの『メサルギアソリッド』ではヒカル・サトル・サヤカと共に夏休みで林間学校に行っている。

アニメ編集

『サルゲッチュ ~オンエアー~』
  • 主人公で、最初はサルゲッチュに無関心だったが、徐々にゲッチュが楽しくなってきているようだ。また、ハイテクロボットバトルチャンピオン・ハルカのファンであったが、本人との遭遇やともに戦うことによって好意を寄せてきているようだ。
  • 第16話ではスペクターにゲットアミをかぶせ、ゲッチュに成功したと思われたが、スペクター自身からの強大な電磁波が原因で失敗した。
  • 「vsピポトロン編」では、ピポトロンJと直接対決。ゲットアミ攻撃や剣(ゲットアミから変形)を受け、さらに最重要目的であるクータのチップを破壊されたが、諦めずに戦った。また、スペクターに剣を腹部に刺され死んだと思われたが、洋服を貫いただけで、そのあとスペクターはピポヘルがとれ、クータに戻った。
サルゲッチュ ~オンエアー~2nd
  • 「ピポサルレーサー編」では右手首を骨折してしまう。また、大差がついていたため諦めの色を見せた。しかし、ハルカの「燃エンジン」により脅威の巻き返しを見せる。
  • 「人類サル化編」ではただ一人サルにならずに宇宙船でのスペクターとの対決に挑んだ。激闘の末、人類サル化プログラムの解除に成功する。しかし、自爆装置に触れてしまった為、もう地球には帰れないと思われたが、ぎりぎりでピポトロンブラザーズに助けられる。
  • 「ロボット対決編」では中枢部を担当する。ナツミ・ヒロキ・ハルカ・チャルとの協力もあって見事に勝利。そのあとのピクニックではハルカとのペアルックの洋服で登場し、チャルに「ヒューヒューですね」と言われていた。
  • なお、アニメシリーズでは2度抹殺の危機に遭っている。

配役編集

声優は瀧本富士子、アニメ版では 石川静