カサ・ロサダ西: La Casa Rosada)は、アルゼンチン大統領官邸スペイン語で、「ピンク色の館」(通称:ピンクハウス)という意味である[1]

カサ・ロサダ
カサ・ロサダ
カサ・ロサダ
カサ・ロサダ
カサ・ロサダの位置(ブエノスアイレス市)

概要編集

ブエノスアイレス中心部の五月広場に面した3階建て一部4階の建物で、1873年に着工し、1878年に竣工なった、カルロス・キールベルグ(Carlos Kihlberg)設計のコレオス宮殿(Palacio de Correos)を改築増築させたのがカサ・ロサダで、1894年に竣工。イタリア人建築家のフランチェスコ・タムブリーニ(Francesco Tamburini)設計である。その後、アルゼンチン大統領の官邸として使用されることとなる。1938年には大規模改築工事が行われている。

1957年5月27日、別棟のカサ・ロサダ歴史博物館が竣工する。

1996年、当時のカルロス・メネム大統領の許可の元、カサ・ロサダでアメリカ映画『エビータ』のロケが行われ、主役でエバ・ペロン役のマドンナが同官邸のバルコニーから『アルゼンチンよ、泣かないで』を歌うシーンが撮影された。

色がピンクなのはエデラーレス(赤の党)とウニタリオス(白の党)で国内が内戦状態だったのを大統領ドミンゴ・ファウスティーノ・サルミエントが1873年に統合、官邸を両党の色を混ぜたピンクにした[1]

ギャラリー編集

マージョ(五月)広場からのパノラマ

内装編集

外観編集


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。

外部リンク編集

座標: 南緯34度36分29秒 西経58度22分13秒 / 南緯34.60806度 西経58.37028度 / -34.60806; -58.37028 (カサ・ロサダ)