カタリーナ・フォン・ザクセン (1421-1476)

カタリーナ・フォン・ザクセン(ドイツ語:Katharina von Sachsen, 1421年 - 1476年8月23日)は、ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ2世の妃。

カタリーナ・フォン・ザクセン
Katharina von Sachsen
ブランデンブルク選帝侯
在位 1441年 - 1470年

出生 1421年
死去 1476年8月23日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ブランデンブルク選帝侯領ベルリン
結婚 1441年6月11日 ヴィッテンベルク
配偶者 ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ2世
子女 ドロテア
マルガレーテ
ヨハン
家名 ヴェッティン家
父親 ザクセン選帝侯フリードリヒ1世
母親 カタリーナ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
テンプレートを表示

生涯 編集

カタリーナはザクセン選帝侯フリードリヒ1世とカタリーナ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公ハインリヒ1世の娘)の娘である。

1441年6月11日ヴィッテンベルクにおいてブランデンブルク選帝侯フリードリヒ2世と結婚した。フリードリヒ2世は以前にカタリーナに結婚を申し込んでいたが不首尾に終わっていた。この結婚は、最終的にはブランデンブルクとザクセンの間のラウジッツを巡る武力衝突を解決し、2国間の同盟を確認するための契約の一部となった。しかし、この結婚は不幸なものであった。フリードリヒは多くの愛人と関係を持ち、息子エラスムスは庶子であった。

カタリーナとフリードリヒ2世は最終的に別居することとなり、フリードリヒ2世はフランケンに居を構える一方、カタリーナはブランデンブルク辺境伯領に住んだ。

子女 編集

フリードリヒ2世との間に3子をもうけた。

  • ドロテア(1446年 - 1519年) - 1464年にザクセン=ラウエンブルク公ヨハン5世と結婚
  • マルガレーテ(1450年 - 1489年) - 1477年にポンメルン公ボギスラフ10世と結婚
  • ヨハン(1452年 - 1454年)

参考文献 編集

  • Karl Florentin Leidenfrost: Churfürst Friedrich II und seine Brüder, Herzog Sigismund und Herzog Wilhelm von Sachsen, oder Geschichte Sachsens vom Jahr 1428–1440. Einladungsschrift zur Feier des Wilhelmstages, 30. October 1827. Carl Schlotter, Jena 1827, S. 68.
  • Andreas Tacke: Wir wollen der Liebe Raum geben. Konkubinate geistlicher und weltlicher Fürsten um 1500. Wallstein, Göttingen 2006, ISBN 3-8353-0052-0, S. 19.