カラコルム峠(カラコルムとうげ、ウイグル語: قاراقۇرۇم ئېغىزى; ヒンディー語: क़राक़रम दर्रा; 中国語: 喀喇昆仑山口)は、中華人民共和国新疆ウイグル自治区東トルキスタン)のタリム盆地インドカシミールの間にある[1]で、標高は5,540メートル[2]である。

カラコルム峠
所在地 中華人民共和国新疆ウイグル自治区)・インドラダック連邦直轄地
標高 5540 m
山系 カラコルム山脈
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
カラコルム峠
繁体字 喀喇崑崙山口
簡体字 喀喇昆仑山口

ラダックレーとタリム盆地のヤルカンドを結ぶ古代のキャラバンルートで最も標高が高い地点である。「カラコラム」はテュルク語で「黒い砂利」を意味する[3]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Pass to better relations with China”. India: The Hindu (2013年). 2013年7月7日閲覧。
  2. ^ SRTM data; the figure is now known to be a few meters lower than the figure of 5578 provided in Rizvi, Janet. Trans-Himalayan Caravans : Merchant Princes and Peasant Traders in Ladakh, p. 28. 1999. Oxford University Press. New Delhi. 0-19-564855-2.
  3. ^ Younghusband, Francis E. The Heart of a Continent: A Narrative of Travels in Manchuria, across the Gobi Desert, through the Himalayas, the Pamirs and Chitral, 1884-94. First published: 1897. London. Unabridged facsimile (2005): Elibron Classics Replica Edition, p. 225. London 1-4212-6551-6 (pbk); 1-4212-6550-8 (hbk).

座標: 北緯35度30分48秒 東経077度49分23秒