カレル・デュジャルダン

カレル・デュジャルダン(Karel Dujardin、1622年9月27日 - 1678年11月20日)は17世紀のオランダの画家である。オランダ、イタリアで活動し、肖像画や宗教を題材にした作品も描いたが、主にイタリアの農民や家畜のいる風景を描いた。、

カレル・デュジャルダン
Karel Dujardin
Karel Dujardin.jpg
自画像 (1657年)
生誕1622年9月27日
オランダ,アムステルダム
死没1678年11月20日
イタリア,ヴェネツィア

略歴編集

アムステルダムに生まれた。18世紀初めにアルノルト・ホウブラーケンによって書かれた、オランダ絵画黄金時代の画家たちの伝記『大劇場』の記述によれば、アムステルダムの画家、ニコラース・ベルヘムの弟子であったとされる[1]

1646年から1652年の間にイタリアに滞在したされ、1648年または1649年ごろ、借金から逃れるためにリヨンに移り、借金を肩代わりしてくれた女性と結婚したという話が残っている[2] が信頼性は低いとされる。フランスで結婚した後、1650年にアムステルダムに戻り、1655年には、デン・ハーグの画家の組合「Confrérie Pictura(絵の兄弟信心会)」のメンバーになって、ハーグで働いた。1658年か1659年にアムステルダムに戻った。

1675年にローマに移り、ローマのオランダやフランドル出身の画家達のグループ、「Bentvueghels」のメンバーとして活動し、仲間からは「ヤギ髭(Barba di Becco)」のあだ名で呼ばれた[2]。1678年にヴェネツィアに移りそこで病没した。

主にイタリアの風景を描き、風俗画や宗教を題材にした作品も描いた。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Bolton, Roy (2009) The Collectors: Old Master Paintings, "Karel Dujardin: A Horseman Holding a Roemer of Wine with an Ostler Tending the Horses", London, Sphinx Books. 978-1-907200-03-8.
  2. ^ a b (オランダ語) Karel de Jardyn biography in De groote schouburgh der Nederlantsche konstschilders en schilderessen (1718) by Arnold Houbraken, courtesy of the Digital library for Dutch literature

参考文献編集

  • Cornelis de Bie, Het Gulden Cabinet, 1662, p. 377
  • Godefridus Johannes Hoogewerff, De Bentvueghels, 's-Gravenhage, 1952.
  • Arnold Houbraken, Groote Schouwburgh der Nederlantsche konstschilders en schilderessen, 1718-1721.
  • Jennifer M. Kilian, The Paintings of Karel Du Jardin, 1626-1678 : Catalogue Raisonné, John Benjamins, Amsterdam, 2005 ISBN 90-272-5338-2.