カーデール・バビントン

カーデール・バビントン(Charles Cardale Babington、1808年11月23日 - 1895年7月22日 は、イギリス植物学者、考古学者である。1843年に刊行された"Manual of British Botany"はイギリスの植物に関する名著として評価されている。ジョン・スティーブンス・ヘンズローが没した後、ケンブリッジ大学の植物学教授職を引き継いだ。

Cardale Babington auf einem Gemälde von W. Vizard aus dem Jahr 1896

略歴編集

ラッドロー(Ludlow)に生まれた。父親は神父で、任地がしばしば変わり、バビントンも学校を変わった。最終的にバースに住んだ。父親と小旅行を行い、植物学への興味を育んだ。1826年からケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジで学び始め、植物学教授のヘンズローとつきあい、事実上の助手として働いた。1830年にロンドン・リンネ協会の会員となった。昆虫にも興味を抱き、ロンドン昆虫学会の創立メンバーの一人となった。

1834年に最初の植物学の仕事である、"flora Bathoniensis"(「バースの植物相」)を発表した。1835年にジョン・ボールアイルランドを訪れ、学術誌、Magazine of Natural History reportに記事を書いた。1835年にロンドン地質学会の会員となり、1837年に17世紀の博物学者、ジョン・レイの名を冠したレイ・クラブの創立メンバーとなり、1844年にレイ協会になった後、1848年から1893年の間事務長を務めた。

1839年に2冊目の著書、"Primitiae Flora Sarnicae"(「チャネル諸島の植物相の概要」)を発表し、1842年に雑誌、Annals and Magazine of Natural Historyの共同編集者となった。1843年に"Manual of British Botany"を発表した。1724年のヨハン・ヤーコプ・ディレンによる、ジョン・レイの 『英国の植物の体系』 ("Synopsis Methodica Stirpium Britannicarum"") の改訂版以来のイギリスの植物相に関する包括的な著作で、バビントンは生涯に渡って、8版まで改訂出版した。1846年にイギリスのキイチゴ属に関する、著作"Synopsis of the British Rubi"を執筆し、1869年にも"British Rubi"を執筆した。1846年には、バービントン唯一のイギリス外の調査としてアイスランドを訪れた。

1851年に王立協会の会員となり、イギリス科学振興協会の植物・動物部会の会長を何度か務めた。1861年にヘンズローの後をついで、ケンブリッジ大学の植物学の教授となった。ケンブリッジ大学の教授時代には、ジョン・リンドリーや、レオン・ジュネヴィエ(Léon Gaston Genevier)などから標本を入手し標本館を充実させた。、

植物学に加えて、考古学にも関心を持ち、ケンブリッジ古物協会(Cambridge Antiquarian Society)を立ち上げ、会報に50以上の記事を書いた。カンブリア紀古生物協会(Cambrian Archaeological Association )の会員で、会長も務めた。考古学分野の著書にはAncient Cambridgeshire(「古代のケンブリッジ」)がある。

フトモモ科の属名、Babingtonia Lindl.献名された。

著作編集

書籍
  • Flora Bathoniensis: or, a catalogue of the plants indigenous to the vicinity of Bath. Bath/Bristol/London 1834 (online).
    • Supplement to the Flora Bathoniensis. [E. Collins, Bath 1839].
  • Primitiae Flora Sarnicae or, an Outline of the Flora of the Channel Islands of Jersey, Guernsey, Alderney, and Serk. Longman & Co., London 1839 (online).
  • Manual of British botany, containing the flowering plants and ferns arranged according to natural orders. John Van Voorst, London 1843 (online).
  • Flora of Cambridgeshire: or A catalogue of plants found in the county of Cambridge; with references to former catalogues, and the localities of the rarer species . John Van Voorst, London 1860 (online).
  • The British Rubi: An attempt to discriminate the species of Rubus known to inhabit the British Isles. John Van Voorst, London 1869 (online).
  • Ancient Cambridgeshire: or, An attempt to trace Roman and other ancient roads that passed through the country of Cambridge; with a record of the places where Roman coins and other remains have been found. 2. erweiterte Auflage, Printed for the Cambridge Antiquarian Society, Cambridge 1883 (online).
記事
  • Observations made during a Visit to Connamara and Joyce's Country, Ireland, in August, 1835. In: Magazine of natural history and journal of zoology, botany, mineralogy, geology and meteorology. Band 9, 1836, S. 119–130 (online).
  • Localities of several Species of British Plants, observed during the Summer of 1835. In: Magazine of natural history and journal of zoology, botany, mineralogy, geology and meteorology. Band 9, 1836, S. 243–246 (online).
  • Descriptions of those species of Polygonum and Fagopyrum which are contained in the Indian Herbarium of J. Forbes Royle, Esq., F.L.S., &c., late Superintendant of the H.E.I. Botanical Garden at Saharunpore, and now Professor of Materia Medica in King's College, London. In: Transactions of the Linnean Society of London. Band 18, Nummer 1, Juni 1838, S. 93–119 (online).
  • A Synopsis of the British Rubi. In: Annals and Magazine of Natural History. Band 17, Nummer 111, 1846, S. 165–175 (online).
  • A Revision of the Flora of Iceland. In: Journal of the Linnean Society of London, Botany. Band 11, Nummer 53, Mai 1870, S. 282–348 (online).

参考文献編集

  • Anna Maria Babington: Memorials, journal and botanical correspondence of Charles Cardale Babington. Macmillan and Bowes, Cambridge 1897 (online).
  • Frederic Boase: Modern English Biography : Containing Many Thousand Concise Memoirs of Persons who Have Died Since the Year 1850, with an Index of the most Interesting Matter. Band 4, Netherton & Worth, Truro 1906, Sp. 215–216.
  • James Britten: Charles Cardale Babington. In: Journal of botany, British and foreign. Band 33, 1895, S. 257–266 (online).
  • J. G. B.: Obituary Notices of Fellows Deceased. In: Proceedings of the Royal Society of London. Band 59, Nummer 353–358, 1895, S. VIII–X (doi:10.1098/rspl.1895.0048).