メインメニューを開く

カーム・バフシュ(Kam Bakhsh, 1667年3月6日 - 1709年1月14日)は、北インドムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの皇子。母はウダイプリー・マハル

カーム・バフシュ
Kam Bakhsh
ムガル帝国皇子
A portrait of Prince Kam Baksh, son of Aurangzeb.JPG
カーム・バフシュ
全名 ムハンマド・カーム・バフシュ
出生 1667年3月6日
デリー
死去 1709年1月14日
ハイダラーバード
配偶者 ジャミーラトゥンニサー・ベーグム
  アーザム・バーヌー・ベーグム
  ファキーレ・ジャハーン・ハーヌム
  ほか2名
子女 6人の息子と2人の娘
父親 アウラングゼーブ
母親 ウダイプリー・マハル
テンプレートを表示

生涯編集

1667年3月6日ムガル帝国の皇帝アウラングゼーブの5男として生まれた[1]。母はダーラー・シコーの元妃であったウダイプリー・マハルである。

1698年12月から1699年6月まで、カーム・バフシュは不正を行ったとして、父アウラングゼーブの命により投獄されていた[1]

1707年2月16日、カーム・バフシュはビジャープル太守に任命され、ハイダラーバードへと移った[1]

同年3月3日、父アウラングゼーブが死亡し、兄ムアッザムがバハードゥル・シャー1世の名の下に即位すると、カーム・バフシュもこれに対抗して皇帝(パードシャー)を号した[1]

しかし、1709年1月13日にカーム・バフシュはハイダラーバードでバハードゥル・シャー1世の軍勢に敗北して重傷を負い(ハイダラーバードの戦い)、翌14日に死亡した[1]

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d e Delhi 7

関連項目編集