カール・アウグスト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ

リューベック領主司教

カール・アウグスト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ(Karl August von Schleswig-Holstein-Gottorf, 1706年11月26日 - 1727年5月31日)は、ホルシュタイン=ゴットルプ家の一族で、リューベック領主司教クリスティアン・アウグストバーデン=ドゥルラハ辺境伯フリードリヒ7世マグヌスの娘アルベルティーネ・フリーデリケの長男。スウェーデンアドルフ・フレドリクオルデンブルク公フリードリヒ・アウグスト1世アンハルト=ツェルプスト侯クリスティアン・アウグスト妃でロシア女帝エカチェリーナ2世の母ヨハンナ・エリーザベトの兄。

カール・アウグスト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ
Karl August von Schleswig-Holstein-Gottorf
リューベック領主司教
Karl von Schleswig-Holstein-Gottorf.jpg
在位 1726年 - 1727年

出生 (1706-11-26) 1706年11月26日
死去 (1727-05-31) 1727年5月31日(20歳没)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルク
家名 ホルシュタイン=ゴットルプ家
父親 クリスティアン・アウグスト
母親 アルベルティーネ・フリーデリケ・フォン・バーデン=ドゥルラハ
テンプレートを表示

生涯編集

1726年、父の死によりリューベック領主司教の地位を継いだ。ロシア皇帝ピョートル1世の娘エリザヴェータと婚約したが、翌1727年、サンクトペテルブルクで急死。弟のアドルフ・フリードリヒがリューベック領主司教に就任したが、1750年にもう1人の弟フリードリヒ・アウグストに司教位を譲り、1751年にスウェーデン王アドルフ・フレドリクとして即位した。

カール・アウグストの死後もロシア皇室との繋がりは保たれ、従甥のピョートル3世1762年にエリザヴェータの後を継いでロシア皇帝に即位、ピョートル3世をクーデターで追放したエカチェリーナ2世は姪で妹ヨハンナ・エリーザベトの娘である。

先代
クリスティアン・アウグスト
リューベック領主司教
1726年 - 1727年
次代
アドルフ・フリードリヒ