カール・ドーヴまたはカール聾公スウェーデン語: Karl Döve、生年不詳 - 1220年8月8日)は、フォルクング家出身のスウェーデンヤール(在位:1216年 - 1220年)。父はベンクト・スニヴィル。兄弟にマグヌス(Magnus Minnesköld、ビルイェル・ヤールの父)、ヤールのビルイェル・ブローサがおり、息子にウルフ・フォースがいる。従兄のヨハン1世エストニア遠征に参加したが、1220年8月8日リフラの戦いで戦死した[1]

カール・ドーヴ
Karl Döve
ヤール
在位 1216年 - 1220年

死去 1220年8月8日
子女 ウルフ・フォース
家名 フォルクング家
父親 ベンクト・スニヴィル
テンプレートを表示

1990年代初頭に発見されたカールの印鑑は12世紀末の日付が刻まれており、これは個人の所有物としてスウェーデン史上最も古い資料である。通常、印鑑は悪用を防ぐため持ち主が死亡した際に破壊されるものであり、完全な形で保存されているのは稀である[2]。この印鑑は2001年スウェーデン国立歴史博物館が80万クローナで購入し、所蔵している[3]

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Lindström, p 274.
  2. ^ Auktionsverket
  3. ^ Rötter

参考文献編集

  • Lindström, Fredrik; Lindström, Henrik (2006) (Swedish). Svitjods undergång och Sveriges födelse. Albert Bonniers förlag. ISBN 978-91-0-010789-5 
  • Karl Döves sigill från 1100-talet” (Swedish). Auktionsverket (2001年10月31日). 2007年8月1日閲覧。
  • Karl döves sigillstamp såld för 800.000” (Swedish). Nättidningen Rötter (2001年11月29日). 2007年8月1日閲覧。
先代:
フォルケ・ビルイェルソン
ヤール
1216年 - 1220年
次代:
ウルフ・フォース