ガーズィー・ウッディーン・ハーン (フィールーズ・ジャング)

ガーズィー・ウッディーン・ハーン(Ghazi ud-Din Khan, 1649年頃 - 1710年12月9日)は、北インドムガル帝国の政治家・武将。フィールーズ・ジャング(Firuz Jung)の称号でも知られる。ニザーム王国の祖カマルッディーン・ハーンの父でもある。

ガーズィー・ウッディーン・ハーン

生涯編集

 
ガーズィー・ウッディーン・ハーンの墓

1649年頃、ムガル帝国の武将キリージュ・ハーンの長男として、サマルカンドで生まれる[1]

1681年、帝国の皇帝アウラングゼーブデカン地方遠征に従軍し、ビジャープル包囲戦ゴールコンダ包囲戦などに参加した。

1707年、アウラングゼーブの死後、息子バハードゥル・シャー1世が皇位を継承すると、グジャラートの太守となった。

1710年12月9日、ガーズィー・ウッディーン・ハーンはアフマダーバードで死亡し、その遺体はデリーアジメール門近くに埋葬された[2]

出典・脚注編集

関連項目編集