メインメニューを開く

キニン (Kinin) は血管拡張作用のあるオータコイドである。ブラジキニンカリジン等のポリペプチドの総称であり[1]カリクレイン-キニン系を構成する。前駆体はキニノーゲンと呼ばれる[2]

また、腸管や子宮の平滑筋を収縮させる作用も持つ[2]

植物ホルモンサイトカイニンは当初キニンと呼ばれていたが、混乱を避けるために改名された[3]

アスピリンはカリクレインを阻害することで、キニンの生成を阻害する[4]

出典編集

  1. ^ Kinins - MeSH米国国立医学図書館、生命科学用語シソーラス (英語サイト)
  2. ^ a b 内因性発痛物質 プラズマキニン Plasma kinin”. 痛みと鎮痛の基礎知識. 2014年6月4日閲覧。
  3. ^ Petr Galuszka, Lukáš Spíchal, David Kopečný, Petr Tarkowski, Jitka Frébortová, Marek Šebela, Ivo Frébort (2008). “Metabolism of plant hormones cytokinins and their function in signaling, cell differentiation and plant development”. Studies in natural products chemistry 34: 203-264. doi:10.1016/S1572-5995(08)80028-2. 
  4. ^ Hebborn, P and Shaw, B (1963). “The action of sodium salicylate and aspirin on some kallikrein systems”. British journal of pharmacology and chemotherapy 20 (2): 254-263. doi:10.1111/j.1476-5381.1963.tb01465.x. 

参考文献編集