キヴィオリエストニア語: Kiviõli)は、エストニアイダ=ヴィル県に属す人口約7400人の町。基幹産業はオイルシェールで、町の名も元々は「油」という意味である。この産業に伴って生まれた標高115mと109mの「灰の山」はキヴィオリを一躍有名にした。この山は、人工の山としてはバルト三国最高峰を誇る。

キヴィオリ
町・自治体
View of Kiviõli.jpg
キヴィオリの旗
キヴィオリの紋章
紋章
キヴィオリの位置(エストニア内)
キヴィオリ
キヴィオリ
位置図
北緯59度21分 東経26度58分 / 北緯59.350度 東経26.967度 / 59.350; 26.967
エストニアの旗 エストニア
Ida-Virumaa lipp.svg イダ=ヴィル県
行政
 • 市長 ドミトリー・ドミトリエフ (中央党)
面積
 • 合計 11.75km2
人口
(2005)
 • 合計 7,000人
等時帯 UTC+2 (EET)
 • 夏時間 UTC+3 (EEST)
ウェブサイト www.kivioli.ee

地理編集

KüttejõuとVarinurmeの2地区から構成される。2000年の国勢調査では人口の51%がロシア人、39.4%がエストニア人であった。

歴史編集

1922年に設立され、1946年に町制が敷かれた。1957年から1991年にかけてはコフトラ・ヤルヴェに属していた。

第二次世界大戦時には「279, Kiviyli」というドイツ軍捕虜の収容所が建てられ、現在も残っている[1]。収容所には重病人を治療する戦争捕虜病院「1011」も併設されていた。

文化編集

2008年、2009年、2010年と三年連続でエストニアサイドカークロスグランプリが開かれている。

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Maschke, Erich (Hrsg.): Zur Geschichte der deutschen Kriegsgefangenen des zweiten Weltkrieges. Verlag Ernst und Werner Gieseking, Bielefeld 1962-1977.

外部リンク編集