メインメニューを開く

クイーンズ-ミッドタウントンネル: Queens–Midtown Tunnel、時々単にミッドタウントンネルとも)とはニューヨーク市にあるハイウェイトンネルおよび有料道路である。このトンネルはイースト川の下を横断しておりロングアイランドのクイーンズ区(ロングアイランドシティ英語版I-495英語版、ロングアイランド・エクスプレスウェイ (Long Island Expressway) の終端)とマンハッタン区(ミッドタウン・マンハッタン地区にある主要な町を横切る大通りの東34丁目東42丁目の間)を接続している。オーレ・シングスタッド英語版により設計され、1940年11月15日に開通した[2]。このトンネルはあわせて4車線のトンネル2本からなり、長さは6,414フィート (1,955 m)である。このトンネルはかつてニューヨーク州道24号線英語版を運んだことがある。

クイーンズ-ミッドタウントンネル
Queens-Midtown Tunnel 4.JPG
マンハッタン側の入口
概要
位置 ニューヨーク市マンハッタンおよびニューヨーク市クイーンズ
座標 北緯40度44分44秒 西経73度57分53秒 / 北緯40.74556度 西経73.96472度 / 40.74556; -73.96472 (クイーンズ=ミッドタウン・トンネル)座標: 北緯40度44分44秒 西経73度57分53秒 / 北緯40.74556度 西経73.96472度 / 40.74556; -73.96472 (クイーンズ=ミッドタウン・トンネル)
所属路線名 I-495
交差 イースト川
運用
開通 1940年11月15日(79年前) (1940-11-15
管理 トライボロー・ブリッジ・アンド・トンネル・オーソリティ英語版
通行対象 73,470 (2016)[1]
通行料金 $8.50(メール対象者); $5.76(ニューヨーク州のE-ZPass使用者)
技術情報
全長 6,414フィート (1,955 m)
道路車線数 4
高さ 12 フィート 1 インチ (3.68 m)
路線図
クイーンズ-ミッドタウントンネルの位置(マンハッタン内)
クイーンズ-ミッドタウントンネル
テンプレートを表示

歴史編集

設計が開始された時、トンネルの費用増加と1939年万国博覧会に間に合うように完成されないという事実に難色を示したロバート・モーゼスを含む何人かの支援者により橋が強く支持された[3]。特にマンハッタン区長のサミュエル・レヴィ英語版は6車線橋の計画の強力な支援者であった。ニューヨーク市トンネル公社 (New York City Tunnel Authority) の理事のウィリアム・フリードマン英語版は代替案を全面的に却下した[4]

 
かつての料金所
キャッシュレス化に伴い、2017年に撤去

このトンネルはニューヨーク市が所有しトライボロー・ブリッジ・アンド・トンネル・オーソリティ英語版メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティの系列政府機関)が運営する。

1997年のフィーチャー映画「メン・イン・ブラック」では、トミー・リー・ジョーンズウィル・スミスが彼らのフォード・LTD英語版の車がこのトンネルの天井を上下逆で走行するシーンで主演した。

1981年より、このトンネルは毎年春恒例のリングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスアニマル・ウォークのために、ある一夜の数時間だけこのトンネルは自動車が進入禁止となる。このサーカスがマディソン・スクエア・ガーデンで開演する数日前に、象の行進がこのトンネルからマンハッタンへ入り、34丁目へと下りこのアリーナにたどり着くルートで行われる。毎年恒例のこのイベントを楽しみにする人たちがいる一方で、サーカスの動物の扱いに抗議する動物保護団体の注目も集めている[5][6]

 
フランクリン・D・ルーズベルト(1936年10月2日の起工式にて)

バス路線編集

このトンネルを23の急行バス英語版路線が行き来する;これらの路線のうち20路線はこのトンネルを西へ向かう時にのみ使用する。このトンネルを使用するバス路線はBM5英語版QM1英語版QM2英語版QM3英語版QM4英語版QM5英語版QM6英語版QM7英語版QM8英語版QM10英語版QM11英語版QM12英語版QM15英語版QM16英語版QM17英語版QM18英語版QM20英語版QM21英語版QM24英語版QM25英語版(すべてMTAバスによる運行)やx68英語版MTAニューヨークシティ・トランジットによる運行)である。BM5、QM7、QM8、QM11、QM25を除き、これらの路線のすべては西へ向かう時にのみこのトンネルを使用する。(これらの路線の大半は東へ向かう時にはエド・コッチ・クイーンズボロ橋を使用する。)

料金編集

2017年より、料金の改定と、キャッシュレス化に伴う料金所の撤去が行われた。

これは米国のいくつかの州で導入されている「E-Z Pass」、および道路上に設けられたカメラによる車のナンバープレート認識が可能にしたものである。通行料は、ニューヨーク州が提供するE-Z Passの装置をつけている車は$5.76(バイクは$2.51)、それ以外の車は$8.50、バイクは$3.50となっている。ニューヨーク州以外のE-Z Pass搭載車両およびE-Z Passを搭載していない車両は、道路上に設けられたカメラがナンバープレートを読み取り、所有者宛にメールで請求書が送られてくる[7][8][9][10]

脚注編集

  1. ^ New York City Bridge Traffic Volumes”. New York City Department of Transportation. p. 11 (2016年). 2018年3月16日閲覧。
  2. ^ “$58,000,000 Tunnel to Queens Opened”. The New York Times: p. 1. (1940年11月16日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F3081EFC3C5D177A93C4A8178AD95F448485F9 2009年10月11日閲覧。 
  3. ^ Queens-Midtown Tunnel”. NYCRoads.com. 2010年8月1日閲覧。
  4. ^ “Bridge, Not Tunnel, to Queens is Urged”. The New York Times: p. 19. (1936年4月13日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=FB0D15FE3F58107A93C1A8178FD85F428385F9 2011年4月14日閲覧。 
  5. ^ Barry, Dan (2006年3月22日). “The Manhattan of Beasts”. The New York Times. http://select.nytimes.com/2006/03/22/nyregion/22about.html 2010年2月21日閲覧。 
  6. ^ “Elephant Promenade through Queens Midtown Tunnel” (プレスリリース), MTA Bridges & Tunnels, (2008年3月14日), http://mta.info/mta/news/releases/?agency=bandt&en=080314-BT 2010年2月21日閲覧。 
  7. ^ 2017 Toll Information”. MTA Bridges & Tunnels. 2017年3月16日閲覧。
  8. ^ Queens-Midtown Tunnel tolls go cashless”. ABC7 New York (2017年1月10日). 2018年2月16日閲覧。
  9. ^ Siff, Andrew (2016年10月5日). “Automatic Tolls to Replace Gates at 9 NYC Spans: Cuomo”. NBC New York. 2016年12月25日閲覧。
  10. ^ WABC (2016年12月21日). “MTA rolls out cashless toll schedule for bridges, tunnels”. ABC7 New York. 2016年12月25日閲覧。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、クイーンズ-ミッドタウントンネルに関するカテゴリがあります。