メインメニューを開く

クラウディオ・リッピ(Claudio Lippi、1945年6月3日 - )は、イタリアのテレビ司会者俳優歌手

クラウディオ・リッピ
Claudio Lippi.jpg
Radiocorriere』誌に掲載された1973年のクラウディオ・リッピ
生誕 (1945-06-03) 1945年6月3日(74歳)
ミラノ
職業 テレビ司会者

生涯と経歴編集

ミラノ生まれのリッピは、1964年に歌手として活動を始め、「Per Ognuno C'è Qualcuno Sempre」(「誰かが誰かを愛してる」のイタリア語カバー)をヒットさせた。その後、自身のレコード・レーベル「ディスコ・アズーロ (Disco Azzurro)」を立ち上げたが、これは失敗に終わった[1]

その後、イタリア放送協会 (RAI) に入って、子供向け番組のホストを数件手がけたが、1974年バラエティ番組Tanto Piacere』で最初の成功を収めた[2][3]

その後も、司会者として『Il pranzo è servito』、『Mai dire Gol』、『Buona Domenica』など、いくつものテレビ番組を成功させた[2][3]

リッピには、女優ラウラ・ベリ英語版との間に、一人娘レニ (Lenni) がいる[2]

脚注編集

  1. ^ Peppino Ortoleva, Barbara Scaramucci. Le Garzantine: Radio. Garzanti Libri, 2003. ISBN 881150497X. 
  2. ^ a b c Giorgio Dell’Arti, Massimo Parrini. Catalogo dei viventi. Marsilio, 2009. 978-88-317-9599-9.
  3. ^ a b Aldo Grasso, Massimo Scaglioni, Enciclopedia della Televisione, Garzanti, Milano, 1996 – 2003. 881150466X.

外部リンク編集