クラスノヤルスク隕石

クラスノヤルスク隕石(クラスノヤルスクいんせき、Krasnojarsk meteorite)はロシアで発見された石鉄隕石である。

Krasnojarsk meteorite old.jpg

1749年クラスノヤルスクの南145kmのUbeisk村で発見された。1772年にロシアを調査中のドイツの博物学者、ペーター・ジーモン・パラスがこの石のことを知り、サンプルを持ち帰り研究した。ニッケルなどの合金の間に、粒状のカンラン石が含まれるこの鉱物はパラス石(パラサイト)と名付けられた。エルンスト・クラドニはこの鉱物を調査し、1794年地球外に起源にある鉱物であるとした。クラドニの説が認められるようになったのは、ウォルド・コテッジ隕石レーグル隕石の落下がヨーロッパで目撃されてからである。

クラスノヤルスク隕石はによるエッチングが行なわれ、ウィドマンシュテッテン構造が初めて確認された隕石でもある。オリジナルの隕石は700kgあったが、研究などの目的で破片が切取られ、各国のコレクションに加えられている。残った約515kgの隕石はロシア科学アカデミーに保管されている。

関連項目編集

外部リンク編集