メインメニューを開く

クララ・ペーテルス(Clara Peeters, 1594年 - 1657年以降)は、フランドル画家

クララ・ペーテルス
Clara Peeters
Vanitas painting, selfportrait most probably Clara Peeters.jpg
ペーテルス画『ヴァニタス』(1613年-1620年)。自画像ではないかと考えられている。
生誕 1594年
死没 1657年以降

生涯編集

クララ・ペーテルスの生涯について詳しいことは分かっていない。彼女は1594年にアントウェルペン洗礼を受け、1639年にその地で結婚している。アムステルダムデン・ハーグに住んだ。最初の作品は1608年のもので、14歳の時に描かれた。その作品の質が高いことから、著名な画家に付いていたものと思われる。学者たちは、彼女がオシアス・ベールトのもとで修業したのではないかと考えている[1]

クララ・ペーテルスの最後の作品は1657年のものであるが、現在は残っていない。彼女がアントウェルペンの画家組合に加入した記録は残っていないが、同時代の記録の多くが失われているため詳細は分かっていない。いつ亡くなったのか記録も残っていない。

作品編集

参照編集

外部リンク編集