クリスティアン・ケーラー

クリスティアン・ケーラー(Christian Köhler、1809年10月13日 - 1861年1月30日)はドイツの画家である。

クリスティアン・ケーラー
Christian Köhler
Christian Köhler.jpg
生誕1809年10月13日
Werben (Elbe)
死没1861年1月30日
モンペリエ

略歴編集

ザクセン=アンハルト州のヴェルベン(Werben)に生まれた。作家のハインリヒ・クラウレンの馬手として働いていて、有名な画家のフリードリッヒ・ヴィルヘルム・シャドウと知り合い、美術を学ぶようになった[1]。ベルリンの美術学校で教えていたシャドウが、デュッセルドルフ美術アカデミーの校長に任じられてデュッセルドルフに移ったため、ケーラーもエドゥアルド・ベンデマンカール・フェルディナンド・ゾーンといったシャドウの弟子たちと共に、デュッセルドルフに移った。1927年にデュセルドルフ美術アカデミーに入学し、1829年から上級クラス、1837年から修士クラスで学び、1837年にドレスデンのブリュール宮殿で開かれた展覧会に他の学生たちとともに出展し、「デュッセルドルフ派」の評価を高めた[2]。1851年からテオドール・ヒルデブラントの教授代理を務め、1955年にヒルデブランドの後任としてデュッセルドルフ美術アカデミーの絵画の教授長になった。1860年頃、体調を崩し南フランスで静養したが1861年に亡くなった。

ケーラーの教えた学生にはハインリヒ・フォン・アンゲリ、Carl Hertel、Olaf Isaachsen、Vincent Stoltenberg Lerche、Carl Halfdan Schilling、Zdzisław Suchodolski、Fredrik Wohlfahrtといった画家がいる[3]

作品編集

脚注編集

  1. ^ Bettina Baumgärtel (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung 1819–1918. Michael Imhof Verlag, Petersberg 2011, ISBN 978-3-86568-702-9, Band 2, S. 41.
  2. ^ Bettina Baumgärtel (Hrsg.), Band 1, S. 142.
  3. ^ Bettina Baumgärtel (Hrsg.), Band 1, S. 364, 426–443.

参考文献編集

  • Moritz Blanckarts: Köhler, Christian. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 16, Duncker & Humblot, Leipzig 1882, S. 438 f.
  • Köhler, Christian. In: Friedrich von Boetticher: Malerwerke des 19. Jahrhunderts. Beitrag zur Kunstgeschichte. Band 1/2, Bogen 31–61: Heideck–Mayer, Louis. Fr. v. Boetticher’s Verlag, Dresden 1895, S. 724–725 (archive.org).
  • Christian Köhler. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 21: Knip–Krüger. E. A. Seemann, Leipzig 1927, S. 117.
  • Wend von Kalnein: Die Düsseldorfer Malerschule. Verlag Philipp von Zabern, Mainz 1979, ISBN 3-8053-0409-9, S. 375 f.