クリス・メリット

クリス・メリット: Chris Merritt, 1952年9月27日 - )は、アメリカ合衆国のテノール歌手[1][2][3][4][5]

オクラホマシティ出身。オクラホマシティ大学でイネス・ランスフォード=シルバーグに声楽を学ぶ。1973年にサンタフェ歌劇場の研修生となり、1975年にサンタフェ歌劇場におけるジュゼッペ・ヴェルディの《ファルスタッフ》の公演でドクター・カイウス役を歌って初舞台を踏んだ。1978年にはザルツブルク音楽祭でジョアキーノ・ロッシーニの《アルジェのイタリア女》のリンドーロ役を歌って好評を博し、1985年にミラノのスカラ座でロッシーニの《ランスへの旅》の公演に参加して名声を確立した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ クリス・メリット - Discogs
  2. ^ クリス・メリット - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  3. ^ Merritt, Chris (Allan Merritt)”. 2019年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月17日閲覧。
  4. ^ アーカイブ 2019年5月17日 - ウェイバックマシン
  5. ^ Former City Tenor Gaining Opera Tenure”. 2019年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月17日閲覧。