クロロゲン酸ヒドロラーゼ

クロロゲン酸ヒドロラーゼ(Chlorogenate hydrolase、EC 3.1.1.42)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

クロロゲン酸ヒドロラーゼ
識別子
EC番号 3.1.1.42
CAS登録番号 74082-59-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO
テンプレートを表示
クロロゲン酸 + 水コーヒー酸 + キナ酸

従って、基質はクロロゲン酸の2つ、生成物はコーヒー酸キナ酸の2つである。

この酵素は加水分解酵素に分類され、特にエステル結合に作用する。系統名は、クロロゲン酸 ヒドロラーゼ(Chlorogenate hydrolase)である。クロロゲナーゼ(chlorogenase)等と呼ばれることもある。

出典編集

  • Schobel B, Pollmann W (1980). “Isolation and characterization of a chlorogenic acid esterase from Aspergillus niger”. Z. Naturforsch. [C]. 35 (3–4): 209–12. PMID 7385941. 
  • Schobel B, Pollmann W (1980). “[Further characterization of a chlorogenic acid hydrolase from Aspergillus niger (author's transl)]”. Z. Naturforsch. [C]. 35 (9–10): 699–701. PMID 7445677.