クーヨー諸島英語: Cuyo Archipelago)はフィリピンのスールー海北部に存在する諸島[1]ミンドロ島の南、パラワン島パナイ島の間ほどの位置に存在する。諸島は57km2の面積があり、南北に14km程度の大きさの最大の島であるクーヨー島を中心としている。

クーヨー諸島
Cuyo archipelago.jpg
クーヨー諸島の位置
Cuyo Islands map.jpg
地理
場所 スールー海
座標 北緯10度51分 東経121度01分 / 北緯10.850度 東経121.017度 / 10.850; 121.017座標: 北緯10度51分 東経121度01分 / 北緯10.850度 東経121.017度 / 10.850; 121.017
諸島 ビサヤ諸島
島数 45
主要な島 クーヨー
マグサイサイ
アグタヤ
面積 130 sq mi (340 km2)
行政
地方 ミマロパ地方 (region IV-B)
パラワン州
自治体 アグタヤ、クーヨー、マグサイサイ
人口統計
住民の呼称 Cuyonon
人口 45,718(2010年時点)
テンプレートを表示

45個の島と小島からなる諸島で、合計の面積は130km2ほどである[2]。クーヨー諸島は2つの小諸島に分かれており、北部はクイニリューバン英語版グループと呼ばれ、南はクーヨーグループと呼ばれ主要自治体の中心となる島々から構成される。

地質的には本島のパラワン島と関係しており、ルソン弧英語版の西の端に位置している[2]。クーヨー島は火山島で、北部のクイニリューバンも火山後の隆起珊瑚環礁だとされ、いくつかの峰の高さは火山性の隆起を強く裏付けている[2]。ほかの多くの島々は純粋に珊瑚によって形成されたと見られる[2]

クーヨー諸島は南部と西部のクーヨー英語版、東部のマグサイサイ英語版、北部のアグタヤ英語版の3つの自治体に分けられる

2010年時点で、諸島全体で45,718人の住民が居住している[3]

北から南にクイニリューバン英語版パマリカン島マナモック島アグタヤ島クーヨー島などが主要な島として知られる。

クーヨー諸島とパナイ島の間の海峡はクーヨー東水道と呼ばれている。

編集

編集

  1. ^ Traveler's Companion Philippines 1998 p.214 Kirsten Ellis, Globe Pequot Press Globe Pequot, 1998
  2. ^ a b c d The Philippine Island world: a physical, cultural, and regional geography by Frederick L. Wernstedt, Joseph Earle Spencer p.24
  3. ^ Total Population by Province, City, Municipality and Barangay: as of May 1, 2010”. 2010 Census of Population and Housing. National Statistics Office. 2012年11月7日閲覧。

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、クーヨー諸島に関するカテゴリがあります。