シュメール神話では、グガランナグガルアンナ(Gugalanna)は冥界の女王エレシュキガルの最初の夫である[1]。彼の名前はもともと「アン神の運河監督官」[1]あるいは「アヌの凶暴な牛」という意味であったかもしれないが、彼は単にエンヌギ英語版の別名であったかもしれない[1]。エレシュキガルとグガランナの子はニンアズ英語版である[1]叙事詩の『イナンナの冥界下り』では、愛と美と性と戦争の女神イナンナは門番のネティに、「グガランナ、私の姉エレシュキガルの夫」の葬儀に行くと告げる[1][2][3]。一部の学者はグガランナが『ギルガメシュ叙事詩』の中でギルガメシュエンキドゥに殺された天の牡牛を同一人物と考えている[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Black & Green 1992, p. 77.
  2. ^ Kramer 1961, p. 90.
  3. ^ Wolkstein & Kramer 1983, p. 55.
  4. ^ Pryke 2017, p. 205.

参考文献編集

  • Black, Jeremy; Green, Anthony (1992), Gods, Demons and Symbols of Ancient Mesopotamia: An Illustrated Dictionary, The British Museum Press, ISBN 0714117056 
  • Kramer, Samuel Noah (1961), Sumerian Mythology: A Study of Spiritual and Literary Achievement in the Third Millennium B.C.: Revised Edition, Philadelphia, Pennsylvania: University of Pennsylvania Press, ISBN 0812210476, http://www.sacred-texts.com/ane/sum/ 
  • Pryke, Louise M. (2017), Ishtar, New York and London: Routledge, ISBN 978-1-138--86073-5, https://books.google.com/books?id=fggqDwAAQBAJ&q=Ninshubur+gender&pg=PA94 
  • Wolkstein, Diane; Kramer, Samuel Noah (1983), Inanna: Queen of Heaven and Earth: Her Stories and Hymns from Sumer, New York City, New York: Harper&Row Publishers, ISBN 0-06-090854-8