グリゴル・アバシゼ (詩人)

ジョージアの詩人

グリゴル・ダヴィティス・ゼ・アバシゼグルジア語: გრიგოლ დავითის ძე აბაშიძეグルジア語ラテン翻字: Grigol Davitis dze Abashize1866年1903年3月9日)は、ジョージア詩人

グリゴル・アバシゼ
誕生 1866年????
ロシア帝国クタイス県グルジア語版ディリカウリグルジア語版
死没 1903年3月9日(1903-03-09)(36–37歳)
ロシア帝国サンクトペテルブルク
職業 詩人
言語 ジョージア語
市民権 ロシア帝国
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

生涯編集

1866年にロシア帝国クタイス県グルジア語版ディリカウリグルジア語版で誕生。

アバシゼは1880年代の文壇に登場。ジョージア国内の雑誌や新聞と協働し、また演劇脚本や文筆業にも参加した。アバシゼの詩はジョージアの「60年代」文学の伝統に従っており、叙情性と鮮明さが特徴である(『絶望の歌』⦅1900年⦆など)。アバシゼは詩作(『涙の源』⦅1901年⦆、『母』⦅1900年⦆)の他、翻訳(ミハイル・レルモントフの戯曲『ムツイリ』⦅1893年⦆、フランソワ・コッペフランス語版の『仏陀の燕』⦅1900年⦆、マシュー・アーノルドの『アジアの光』⦅1900年⦆)も手掛けた。

アバシゼの作詞作品は流行歌にもなり、イシュフネリ姉妹グルジア語版ヴァノ・サラジシヴィリグルジア語版の楽曲に使われた(『ああ、真珠』⦅1896年⦆、『涙の時』⦅1899年⦆)。

参考文献編集

外部リンク編集