グリニッジ条約(グリニッジじょうやく、英語: Treaty of Greenwichまたは複数形のTreaties of Greenwich[1])は、1543年7月1日グリニッジにおいてイングランド王国スコットランド王国の代表の間で締結された2件の条約。1つ目の条約はイングランドとスコットランドの間の和平を成立させたものであり、2つ目の条約はヘンリー8世の子エドワード6世とスコットランド女王メアリー1世の婚約の提案であった。この2つ目の条約では当時生後6か月のメアリー1世が10歳になるまでイングランド貴族夫婦が同伴することと、その後は結婚するまでイングランドに留まることも定められた。また本条約ではスコットランド王国が制定した法を維持することを許した[2]。この条約はイングランド王ヘンリー8世が両王国を統一する(王冠連合)計画の布石であった。スコットランドの摂政アラン伯爵が1543年7月1日に条約に署名、8月25日に批准したものの、スコットランド議会は12月11日に条約を拒否、ラフ・ウーイング英語版という8年間のイングランド・スコットランド戦争を引き起こした[3]

外交編集

条約はロンドンにいるアダム・オッターバーン英語版ジョージ・ダグラス・オブ・ピッテンドリーク英語版グレンケーン伯爵英語版、およびエディンバラにいるラルフ・サドラー英語版の外交努力の賜物であった。(摂政のアラン伯の同意も得た)メアリー1世の代表はグレンケーン伯、ピッテンドリーク、ヘンリー・バルネイブス英語版、ジェームズ・リアマンス・オブ・デアジー(James Learmonth of Dairsie)、そしてアラン伯自身であり、ヘンリー8世の代表は初代ウォルデンのオードリー男爵英語版第3代ノーフォーク公爵ウィンチェスター主教英語版スティーブン・ガーディナーウェストミンスター主教英語版トマス・サールビー英語版初代ベイジングのセントジョン男爵ジョン・ゲージ英語版であった[4]

脚注編集

  1. ^ 同日に2条約が締結されたため。
  2. ^ Fisher, p. 459.
  3. ^ Loades, pp. 59–60.
  4. ^ Letters and Papers, Foreign and Domestic, Henry VIII, vol. 18 part 1, (1901), no.804.

参考文献編集

  • Herbert Albert Laurens Fisher. The History of England, from the Accession of Henry VII, to the Death of Henry VIII, 1485–1547 (Volume V). Longmans, Green, and Co., 1906.
  • Loades, David Michael. John Dudley, Duke of Northumberland, 1504–53. Oxford University Press, 1996. ISBN 0-19-820193-1
  • Merriman, Marcus, The Rough Wooings. Tuckwell, 2000, pp 111–136. ISBN 1-86232-090-X

外部リンク編集